令和6年3月1日から戸籍制度が利用しやすくなります

更新日:2024年07月12日

お知らせ

・本籍地が加古川市以外の戸籍証明書を請求される方へ
本籍地が加古川市以外の戸籍証明書の発行(広域交付)については、国からの通知により、本籍地の自治体への電話確認が必要とされておりましたが、7月16日(火曜日)から、一部自治体を除き電話確認が不要となりました。
電話確認が必要な自治体が本籍地となる場合、申請を受け付けた時間帯によっては、本籍地の自治体が閉庁時間等で確認がとれないため、再度来庁いただく可能性もありますのであらかじめご了承ください。

・令和6年3月以降に本籍地以外の他市区町村の窓口に戸籍の届出をされた方へ
全国的に戸籍情報連携システムで障害が発生しており、令和6年3月以降に本籍地以外の他市区町村の窓口に戸籍の届出をされた場合は、届出内容が本籍地に届かず、戸籍に反映されるまでに日数がかかる場合があります。
ご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承ください。
 

戸籍法の一部を改正する法律について(令和6年3月1日施行)

令和6年3月1日から、戸籍法の一部を改正する法律(令和元年法律第17号)が施行され、以下のことができるようになります。

 

  1. 本籍地以外の自治体での戸籍証明書の請求(広域交付)
  2. 戸籍の届出時における戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)の添付省略

1.本籍地以外の自治体での戸籍証明書の請求(広域交付)

戸籍証明書の広域交付について

本籍地が遠くにある方でも、お住まいや勤務先の最寄りの市区町村の窓口で請求できます。
また、必要な戸籍証明書等の本籍地が全国の自治体にあっても、一か所の市区町村窓口でまとめて請求できます。
ただし、紙で管理されている戸籍など、一部の戸籍証明書等は除きます。

請求できる方

  • 本人
  • 同一戸籍人
  • 配偶者
  • 直系尊属(父、母、祖父、祖母等)
  • 直系卑属(子、孫、ひ孫等)

窓口にお越しになった方の本人確認のため、顔写真付きの本人確認書類の提示が必要です。(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

請求可能な証明書

証明書 手数料
戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) 450円
除籍謄本(除籍全部事項証明書) 750円
改製原戸籍謄本 750円

コンピュータ化されていない一部の戸籍・除籍を除きます。
一部事項証明書、抄本(個人事項証明書)は請求できません。
戸籍の附票の写しや独身証明書等のその他戸籍証明書の請求はできません。
直近で戸籍のお届けをされている場合、交付できない場合があります。

取り扱い窓口

※本籍地が加古川市以外の戸籍証明書の発行(広域交付)については、各市民センターと東加古川市民総合サービスプラザでは、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)のみの取り扱いとなります。

※本籍地への電話確認が必要な自治体の戸籍証明書の申請をされる場合、本市の窓口が開いている時間であっても、本籍地の自治体に電話がつながらない場合は受付ができません。
 平日の遅い時間や土曜日・日曜日・祝日等に広域交付の申請を希望される場合は、あらかじめ受付可能かどうかお問い合わせください。
(お問い合わせいただいた際、申請する戸籍の本籍地をお伺いしますのでご了承ください。)

※システムメンテナンスや改修等で広域交付が利用できないことがありますので、事前にお問い合わせください。
 

留意点

以下の申請の場合、広域交付はできません。本籍地の自治体でご請求ください。

  • 委任状持参の方による申請
  • 法定代理人による申請
  • 第三者の方による申請
  • 郵送による申請

2.戸籍の届出時における戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)の添付省略

本籍が戸籍届出地の役所にない場合でも、届出先の市区町村の職員が本籍地の戸籍を確認することができるようになるため、戸籍届出時における戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)の添付が不要になります。

例)婚姻届、離婚届、転籍届、分籍届、養子縁組届、養子離縁届、入籍届などへの添付が省略できます。

戸籍届出時の持ち物など、詳しくはこちらをご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:市民課(新館1階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9183
ファックス番号:079-425-6203
問合せメールはこちら