妊婦健康診査費助成事業

更新日:2020年04月01日

※令和2年4月1日より、妊婦健康診査助成券等の交付申請について、一部変更しています。

市民センター等で妊婦健康診査費助成券等の交付申請をされる方は、予約制(1時間程度の面談あり)となります。

加古川子育て世代包括支援センター(電話:079-427-9325)に電話でご予約ください。

なお、市役所育児保健課(加古川子育て世代包括支援センター)と東加古川子育て世代包括支援センターでは、従来通り、面談後に母子健康手帳および妊婦健康診査費助成券・補助券の即日交付が可能です

 

 

妊婦健康診査費助成事業

お母さんと赤ちゃんの健康をまもり、安心して出産を迎えることができるよう、加古川市では、市内にお住まいの妊婦の方に妊婦健康診査にかかる費用の一部を14回(上限)助成しています。

助成内容

14回<助成券5,000円(上限)×12枚、助成券12,000円(上限)×2枚、補助券1,000円(上限)×12枚>
医療保険適用外の費用が対象です。

助成券は、妊婦健康診査1回につき1枚のみ使用できます。

補助券は、助成券と一緒に複数枚使用でき、単独使用はできません。

対象者

加古川市内に住所のある妊婦の方

(市外に転出された場合は使用できませんので、転入先の市町村にお問い合わせください。)

助成券・補助券の交付方法

下記申請場所にて、母子健康手帳交付時に申請し、妊婦健康診査費助成券・補助券の交付を受けてください。また、転入者は、転入時に申請してください。

申請場所

  1. 加古川子育て世代包括支援センター(申請時間8時30分~17時15分)
  2. 東加古川子育て世代包括支援センター(申請時間10時~17時30分)
  3. 各市民センター及び東加古川市民総合サービスプラザでの申請をご希望の方は、事前に予約をしてください。(予約先:加古川子育て世代包括支援センター 電話079-427-9325)

助成券・補助券の即日交付は、市役所育児保健課と東加古川子育て世代包括支援センター(住民登録の完了している方)のみできます。各市民センター等での受付分は、後日母子手帳交付後に交付いたします。

助成券・補助券の使用方法

助成券・補助券は兵庫県内の協力医療機関で使用できます。

一部使用できない医療機関がありますので、医療機関または加古川市役所育児保健課子育て世代包括支援係(電話:079-427-9217)にご確認ください。

里帰り等で協力医療機関以外で受診された方は、後日償還払いの申請ができますので、妊婦健診の領収証は大切に保管してください。

また、助成券・補助券は妊娠確定後の健診に使用できるものですので、妊娠しているかを調べるための検査にはご使用できません。

償還払い(還付)申請方法

助成券・補助券交付前や協力医療機関以外で受診した場合は、健診費用を自己負担し、市役所育児保健課で償還払いの申請手続きをしてください。

申請手続きの有効期限は、出産後6か月以内です。(例:4月1日出産であれば10月1日まで)

※緊急事態宣言を受け、償還払いの申請について来庁が難しい場合、郵送でも対応いたします。詳しくはお問い合わせください。

申請に必要なもの

助成券・補助券、母子健康手帳、印鑑(1~2個)、領収証、振込口座のわかるもの(通帳等)

振込口座名義人が妊婦以外の場合、印鑑が2個必要になります。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:育児保健課(本館1階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9217(子育て世代包括支援係)
     079-427-9216(母子保健係)
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。