妊娠を希望する女性及び妊婦の同居家族に対する風しん予防接種費用の助成について

更新日:2020年04月01日

 妊娠早期に風しんに感染すると、先天性風しん症候群(白内障、心疾患、難聴など)の赤ちゃんが生まれてくる事があります。加古川市では、風しんの流行拡大と先天性風しん症候群の発生を予防するための対策として、風しん予防接種費用の公費助成を行います。

 接種を希望される方は、必ず事前に申請手続きを行ってください。接種した後に接種費用の払い戻しはありませんのでご注意ください。

助成について

実施期間

 平成31(2019)年4月1日から令和4(2022)年3月31日まで(3年間)

対象者

 助成金の交付申請日及び予防接種実施日において加古川市に住所を有する人で、次のいずれかに該当する人

  1. 妊娠を希望する女性
  2. 妊婦の同居家族

ただし、風しんの第5期定期接種対象者(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性)を除く。

助成金額

上限5,000円(1人1回限り)

接種費用が5,000円未満の場合は、接種費用を上限として助成します。

対象ワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン、風しんワクチン

接種できる医療機関

加古川市・稲美町・播磨町の指定医療機関

指定医療機関一覧(PDF:95.8KB)

接種に必要なもの

 以下のものを医療機関までお持ちください。

  1. 助成券
  2. 加古川市の住民であることが確認できるもの(健康保険証等)

助成券の発行について

申請場所

 市役所健康課(本館2階 37番窓口)、各市民センター、東加古川市民総合サービスプラザ

申請に必要な物

申請に必要な物の詳細
対象者 本人が申請する場合 代理人が申請する場合
妊娠を希望する女性
  • 身分証明書の原本
    (運転免許証、健康保険証等)
  • 申請者の身分証明書の原本
  • 委任状又は対象者の身分証明書の原本
妊婦の同居家族
  • 身分証明書の原本
  • 母子健康手帳の原本
  • 申請者の身分証明書の原本
  • 母子健康手帳の原本
  • 委任状又は対象者の身分証明書の原本

代理人が申請する場合、委任状又は対象者の身分証明書の原本が必要です。

委任状 (WORD:18KB)

助成券の有効期間

 交付決定日から交付決定日の属する年度の末日まで

例:交付決定日が令和2年5月1日の場合、有効期間は令和3年3月31日まで

注意点

 必ず接種前に申請手続きを行ってください。接種した後に接種費用の払い戻しはありません。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:健康課(本館2階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9100
ファックス番号:079-421-2063
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。