現在の位置

ファミリーサポートセンター

更新日:2017年9月1日

ファミリーサポートセンターとは

「子どもを預かってほしい人」と「子どもを預かりたい人」が会員になって、お互いの理解と協力のもとに、地域のなかで育児のボランティア活動を有料で行う会員組織です。

ファミリーサポートセンターの会員は、依頼会員と提供会員があります。
お子さんを預かって欲しい方を依頼会員、お子さんを預かってくださる方を提供会員といいます。

依頼会員になるには・・・

 市内に在住または勤務する人で、おおむね生後6カ月以上の乳児から小学6年生までのお子さんのいる方ならどなたでも会員になれます。
 会員登録は依頼会員説明会を受講する必要があります。受講には予約が必要です。

 ※受講申し込みは1週間前までとします。

平成29年度 依頼会員説明会予定表
【済】5月10日(水曜日)

加古川駅南子育てプラザ

【済】6月13日(火曜日)

東加古川子育てプラザ

【済】7月14日(金曜日) 加古川市民会館 会議室1
【済】7月15日(土曜日) 加古川市民会館 会議室1
9月13日(水曜日) 加古川駅南子育てプラザ
10月17日(火曜日) 加古川西公民館
11月7日(火曜日) 加古川市民会館 会議室1
12月13日(水曜日) 別府公民館
1月16日(火曜日) 東加古川子育てプラザ
2月23日(金曜日) 加古川市民会館 会議室1
2月24日(土曜日) 加古川市民会館 会議室1
3月14日(水曜日) 加古川市民会館 会議室1

※時間はいずれも10:00~12:00、一時保育有

提供会員になるには・・・

 市内に在住で、小さな子どもの育児や保育に理解と熱意のある、心身ともに健康な方で自宅でお子さんを預かれる方ならどなたでも会員になれます。資格等は特に必要ありませんが、入会に際してセンターで行う講習を受けていただきます。

援助活動の内容

  提供会員は以下の活動をとおして、依頼会員の育児サポートをします。

  • 保育所や幼稚園の開始時間前や終了時間後の子どもの預かり
  • 学校の放課後または放課後児童クラブ終了後の子どもの預かり
  • 保育所や幼稚園までの送迎
  • 保護者の急用や病気のときなどの子どもの預かり
  • 冠婚葬祭や他の子どもの学校行事の際の子どもの預かり
  • 買い物等外出の際の子どもの預かり
  • 子育てから離れてリフレッシュしたいときの子どもの預かり

提供会員がサポートできる援助は、あくまで急な子どもへの対応や手不足を補うための臨時的または補助的なお手伝いをするものです。 長時間におよぶ恒常的な保育(宿泊を含む)は原則として行いません。

利用料金

 
活動区分・時間 報酬額(1時間あたり)

月曜日から金曜日
午前7時から午後7時まで
(ただし祝日・年末年始を除く)

700円
  月曜日から金曜日
  午前6時から7時まで、午後7時から10時まで
  (ただし祝日・年末年始を除く)
800円
   土・日曜日、祝日
   年末年始(12月29日から1月3日)
800円

子ども一人あたり1時間の料金です。兄弟姉妹の場合は、2人目以降半額になります。

補償保険

活動中の事故や万一の賠償請求に備え、安心して活動が行えるよう、会員はすべて補償保険(「サービス提供会員傷害保険」「依頼子供傷害保険」「賠償責任保険」)に自動的に加入することになります。
会員の負担金はありません。

●サービス提供会員傷害保険

事由 補償額 備考
死亡 500万円 事故日より180日以内の死亡
後遺障害 程度により500万円~20万円 事故日より180日以内の後遺障害発生
入院(1日) 2,000円 事故日より180日以内を限度
通院(1日) 2,000円 事故日より180日以内で90日分を限度

●依頼子供傷害保険

事由 補償額 備考

死亡

300万円 事故日より180日以内の死亡

後遺障害

程度により300万~12万円 事故日より180日以内の後遺障害発生
入院(1日) 3,000円 事故日より180日以内を限度
通院(1日) 2,000円 事故日より180日以内で90日分を限度

●賠償責任保険

事由 補償額(限度額)
対人・対物賠償(1事故につき) 2億円
見舞金・見舞品 10万円
現金盗難 10万円

所在地

加古川市加古川町北在家2000                                                     

加古川市役所 本館5階

電話・ファックス番号のお知らせ

電話番号・ファックス番号  079-424-9933

開所時間

月曜日から金曜日までの午前9時00分から午後5時00分まで

 ただし、年末年始、祝日及び機器点検日は除く

イベント情報

子どもといる時に震災が起こったら?2回連続セミナー

2回目:避難グッズを作ってみよう!

  • とき   10月5日(木曜日) 午前10時~正午
  • ところ 加古川市民会館  会議室3
  • 内容  牛乳パックや新聞紙など身近な物で避難グッズを作成
  • 対象  どなたでも
  • 定員  20名(先着順)  ※一時保育あり(先着順)
  • 料金  無料

申請/問合せ 9月28日までにファミリーサポートセンター(電話 079-424-9933)へ

依頼会員説明会・登録会

  • とき   9月13日(水曜日) 午前10時~正午
  • ところ 加古川駅南子育てプラザ
  • 内容  ファミリーサポートセンターの事業説明、登録会
  • 対象  次の条件を満たす人     

 1、市内在住か在勤  2、子育て援助活動を必要としている

  ※会員登録は概ね生後6ヶ月以上の乳児から小学6年生までの子どもを養育している人。

  • 定員   15名(先着順)  ※一時保育あり(先着順)
  • 参加費  無料
  • 持ち物   住所を確認できるもの、印鑑
  • 申込み  9月6日までにファミリーサポートセンター(電話 079-424-9933)へ

子育てサポーター養成講座

  • とき     平成29年11月27日(月曜日)、28日(火曜日)、30日(木曜日)
              12月1日(金曜日)
  •           午前10時~12時 午後1時~3時 1日2部構成
  • ところ  加古川市民会館 会議室3
  • 内容   子どもの世話と遊び、体の発達と病気、応急手当法など全8項目
  • 対象   次のすべての条件に該当する人
              (1)市内在住
              (2)育児に関心がある
              (3)保育所・学校への送迎や自宅で子どもを預かることができる
  • 定員    30人(先着順) ※一時保育あり(先着順)。
  • 参加費  無料
  • 申込み  11月8日から20日までにファミリーサポートセンター(電話 079-424-9933)へ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:こども政策課 加古川市ファミリーサポートセンター(本館5階)
郵便番号:675-0066
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-424-9933
ファックス番号:079-424-9933
問合せメールはこちら
  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード