特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者の確認について

更新日:2019年12月23日

(1)特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者の確認手続きについて

確認申請とは

 兵庫県から認可を受けた加古川市内に所在する教育・保育施設(保育所、幼稚園、認定こども園)または加古川市から認可を受けた地域型保育事業(小規模保育事業、事業所内保育事業、家庭的保育事業、居宅訪問型保育事業)が、子ども・子育て支援法に基づく施設型給付費(委託費を含む)または地域型保育給付費を受けるためには、特定教育・保育施設または特定地域型保育事業者として、加古川市の確認を受ける必要があります。

 新たに特定教育・保育施設または特定地域型保育事業者としての確認を受ける場合は、教育・保育施設または地域型保育事業としての認可を受けることが前提となるため、確認を受けるための詳細な手続きは、認可手続きと並行して案内します。

 また、確認を受けた内容に変更が生じた場合は、確認事項の変更手続きが必要となります。
 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者の確認変更手続きについては、次のページをご覧ください。

確認の効力について

教育・保育施設の場合

 加古川市内に所在する教育・保育施設が、加古川市から特定教育・保育施設としての確認を受けた場合、その効力が全国に及ぶため、利用者が加古川市以外に居住する場合であっても、改めて加古川市以外の市町村長に対する確認申請を行う必要はありません。

地域型保育事業の場合

 加古川市内で実施する地域型保育事業が、加古川市から特定地域型保育事業者としての確認を受けた場合、その効力は加古川市内に居住する利用者にのみ適用されます。
 よって、事業所の利用者が加古川市以外に居住する場合は、加古川市に対する特定地域型保育事業者の確認申請と併せて、利用者の居住する市町村長に対する確認申請を行うことが必要となります。

 同様に、加古川市以外で実施する特定地域型保育事業を、加古川市内に居住する方が利用する場合は、事業所が所在する市町村長に対する確認申請と併せて、加古川市に対する確認申請を行うことが必要となります。

利用者の居住する市町村と確認申請を行う市町村の関係

(2)特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者の運営基準について

 特定教育保育施設及び特定地域型保育事業者の確認を受けようとする方が満たさなければならない基準は以下のとおりです。

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。