がん患者の方の医療用補整具(ウィッグ・乳房補整具)の購入費用の助成

更新日:2021年04月01日

加古川市がん患者医療用補整具購入費助成事業

 令和3年4月1日より、加古川市では、がんの治療に伴う外見の悩みを抱えるがん患者の方に対し、経済的・精神的負担の軽減を図るため、医療用ウィッグや乳房補整具(乳房補整下着・人工乳房)の購入費用の一部を助成します。

助成の内容・申請方法

対象者

 以下の1~4の全てに該当する方

  1. 申請日時点で加古川市に住民票がある方
  2. がんと診断され、その治療を受けた、または現在受けている方
  3. 対象となる補整具を令和3年4月1日以降に購入した方
  4. 過去に加古川市及び他の地方公共団体で同様の助成を受けていない方

 

助成金額
1.医療用ウィッグ  上限5万円

がん治療に伴う脱毛に対応するために着用する医療用のもの(毛付き帽子、医療用帽子、装着時に皮膚を保護するネットを含む)1人1台。

2.乳房補整具(ア・イのいずれか)

ア 乳房補整下着 上限1万円
(下着とともに使用するパッドも含む)

イ 人工乳房   上限5万円
(両側乳がんを除き、1人1台)

※1・2とも付属品及びケア用品(クリーナー、リンス及びブラシ等)、購入のためにかかった交通費や送料は対象外です。
※購入費が上限金額に満たない場合は、購入実額が助成額となります。

 

助成回数

対象者1人につき、1回のみ
(医療用ウィッグ、乳房補整具それぞれ)

申請期限

購入日の翌日から1年以内

 

申請までの流れ
  1. 申請前に市民健康課へご連絡ください。
    必要書類等について確認を行います。
  2. 申請手続き(市民健康課窓口または郵送)
  3. 審査
  4. 交付決定・助成金の支払
申請に必要な書類
  1. 加古川市がん患者医療用補整具購入費助成金交付申請書
    加古川市がん患者医療用補整具購入費助成金交付申請書(PDFファイル:82.2KB)
  2. がんの治療による脱毛または乳房切除を証明する書類
  3. 医療用補整具の購入に係る領収証(写し)
  4. 申請者名義の通帳(写し)
  5. 申請者の本人確認書類(運転免許証等)(郵送申請の場合は写し)
申請書類に関する注意事項
がんの治療による脱毛または乳房切除を証明する書類

「がん治療を受けている(受けた)こと」かつ「がん治療に伴い脱毛または乳房切除したこと」を証明する書類が必要です。

例:治療方針計画書、入院診療計画書、抗がん剤が記載されている診療明細書やお薬手帳、手術同意書、抗がん剤使用の同意書、保険会社に提出する診断書 等

領収証について

様式は問いませんが、次の1~7の全ての記載が必要です。

  1. 宛名(フルネーム)
  2. 購入日
  3. 購入金額
  4. 購入内容
  5. 金額の内訳
  6. 領収証の発行者(名称・住所)
  7. ウィッグは「医療用」であること、乳房補整具は「補整下着または人工乳房」の記載。

※インターネット等での購入により、領収証の発行がない場合、次のア・イの2点の提出が必要です

ア 領収証に代わるものとして、支払いしたことがわかるもの(1宛名 2購入日 3購入金額が記載されたクレジットカード会社の請求明細等)

イ 購入したことがわかるもの(1購入者氏名 2購入日 3購入金額 4購入品名 5購入事業者)

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:市民健康課 成人保健係(本館2階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9215
ファックス番号:079-421-2063
問合せメールはこちら