休校中の子どもの食事について

更新日:2020年04月09日

 臨時休校により、本来ならば子どもたちの昼食として提供される学校給食がなくなりました。学校給食の栄養管理を担っている私たち栄養教諭は、長い休みの間、子どもたちが元気に登校できるよう、休み中の子どもへの心配りで大変な保護者の方々をサポートできるよう、栄養の面から支援したいと考えました。

休み中の子どもの食事のポイントは

1.栄養バランスはあまり難しく考えないで、1日単位で考える。

・赤・黄・緑の食品をそろえる(野菜を意識しよう)
・主食・主菜・副菜を(ワンプレーと、丼物、麺類でも意識してプラス1を)
 例)ラーメンにレンジで加熱した野菜を加える
・カルシウム補給を(牛乳、乳製品、小魚、海藻など)

2.子どもたちで過ごすときは、安全第一で火や包丁を使わなくても済むメニューを

・炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、ポットをフル活用
・低学年の子どもには使い方をしっかり教えておく
 不安な場合は、加熱しないメニュー(簡単なお弁当、レトルトカレー、たこ焼き、菓子パンなど)

3.保護者が家にいる日は、子どもたちと一緒に食事作りをしましょう。

 食事の用意は親の仕事と決めつけずに、子どもにもできることをさせましょう。食事作りにチャレンジすることは食育のチャンスです。時間を持て余している子どもには、いい気分転換になると思います。

4.栄養教諭が提供するレシピを活用してください。

マーク

子ども支援レシピ★主食

主食レシピ1
主食レシピ2
主食レシピ3
主食レシピ4

子ども支援レシピ★おかず

おかずレシピ1
おかずレシピ2
おかずレシピ3
おかずレシピ4

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:学務課(新館8階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9343
ファックス番号:079-421-4422
問合せメールはこちら