令和になっても架空請求ハガキは続いています

更新日:2019年12月23日

「消費料金確認通知」など、身に覚えのない架空請求詐欺に騙されないでください

どういう手口なのか

不特定多数に送りつける架空請求詐欺です。

「消費者相談事務局」などと記載されたハガキを送り付け、「契約不履行」「民事訴訟」「裁判」などの言葉で不安をあおり、ハガキに書かれた連絡先に電話させ、個人情報や財産をだまし取ろうとしています。

電話すると、弁護士などを紹介され、「訴訟取り下げ費用として○○万円用意してください」などと指示されます。

どうすればいいのか

 「消費者相談事務局」と名乗っていても、「消費生活センター」と一切関係ありません。

身に覚えのない内容のハガキが届いたら、絶対に電話しないでください。

ハガキの内容に不安があれば、加古川市消費生活センターに相談してください。

どこに相談すればいいのか

少しでもおかしいなとおもったら

  • 加古川市消費生活センター(加古川市役所 新館2階 26番窓口)
    電話 079-427-9179 (平日9時から16時まで)
  • 消費者ホットライン 局番なし 188番 (身近な相談窓口につながります)

この記事に関するお問い合わせ先

生活安全課 市民相談係(新館2階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9120
ファックス番号:079-427-3525
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。