貝毒情報について

更新日:2020年06月26日

貝毒に注意してください

 令和2年6月24日に播磨灘西部のうち赤穂市で採捕した二枚貝から、麻痺性貝毒が検出されました。また、令和2年6月10日に、播磨灘中部及び西部で採捕した二枚貝から出荷自主規制値を超える麻痺性貝毒が検出されており、引き続き注意が必要です。当地区を含めた播磨灘全域のアサリ、カキ等の二枚貝も毒化しているおそれがありますので、採捕したアサリ、カキ等の二枚貝を食べないでください。

 詳しくは、兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターのホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センター

電話

078‐941-8602

ファックス

078-941-8604

貝毒について

  • ムラサキイガイ、アサリ、ホタテ等の二枚貝は、海水中の有毒プランクトンを餌として取り込むことにより、蓄積した毒成分が一定量を超えると、貝を食べた際に麻痺などの症状を起こします。
  • 食後30分から数時間で舌、唇、手足のしびれやふらつきなどの症状を起こします。時間の経過により症状は治まりますが、重症の場合は呼吸麻痺を起こし、死に至ることもあります。
  • 採取規制、出荷規制の措置がとられている間は、二枚貝は絶対に採って食べないでください。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:農林水産課(新館3階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9226
ファックス番号:079-424-1373
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。