令和2年国勢調査を実施します

更新日:2020年07月08日

国勢調査の概要

 国勢調査は、日本に住む全ての人と世帯を対象とした国の最も基本的かつ重要な統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法に基づいた報告義務のある調査として、大正9年(1920年)の第1回調査以来、5年ごとに実施され、「令和最初に行われる今回の調査で実施100年の節目を迎えます。」
 この調査から得られる統計は、国や地方公共団体の施策立案のための基礎資料として活用されるとともに、民間企業や研究機関などさまざまな分野で幅広く活用され、これらの利活用を通じて国民生活に役立てられています。 

        

調査の期日

令和2年10月1日現在

調査の対象

調査期日において、加古川市内に3か月以上常住している人(入院・入所などの場合を含む)
また、3か月以上にわたって加古川市内に住むことになっている人

 ※加古川市内に住む外国人も対象に含まれます。
 ※調査は世帯単位で実施(世帯ごとに調査票を配付) します。                                                                           

調査事項

世帯員に関する事項(15項目)

 「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など

世帯に関する事項 (4項目)

 「世帯員の数」、 「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」

調査の方法

 令和2年9月中旬から下旬の間に、総務大臣が任命した国勢調査員が各世帯を訪問し、調査書類を原則としてポストへの投函により配付します。
 調査への回答方法は、インターネット回答か郵送提出から選択することができます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、調査員と世帯が直接対面しない非接触の調査方法を基本とします。

※国勢調査員は、

  • 総務大臣が任命した非常勤の国家公務員です。
  • 総務大臣が発行した「(顔写真入りの)調査員証」を携行しています。
  • 調査により知り得た秘密を守る義務が課されています。

インターネット回答について

国勢調査は24時間いつでも回答ができるインターネット回答がとても便利です。
パソコンやタブレット、スマートフォンから、インターネット回答へのご協力をお願いします。                                              

  • 仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中不在がちにすることの多い世帯でも、インターネット回答受付期間中は、いつでもお好きな時間に回答できます。
  • インターネットで回答された世帯は、紙の調査票の提出が不要になります。紙の調査票には何も記入せずに、他に使われないように、廃棄してください。
  • インターネット回答中の通信は、すべて暗号化(SSL/TLS方式)されています。また、不正アクセス防止の対策を24時間行っています。

                                                                    

個人情報について

国の実施する統計調査では、統計法によって、厳格な個人情報保護が定められています。

国勢調査員をはじめ調査関係者には、統計法により守秘義務が課せられており、記入いただいた内容を他に漏らしたりすることはありません。
調査票は、外部の人の目に触れないよう厳重に管理されます。
調査によって得られた情報は、統計以外の目的に使用されることはありません。

結果の公表

調査の結果は、総務省統計局のホームページなどで公表される予定です。

その他

国勢調査をよそおった詐欺(さぎ)やかたり調査などにご注意ください。
国勢調査では、金銭を要求することはありません。
また、銀行口座の暗証番号やクレジットカード番号をお聞きすることもありません。
国勢調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メール・ウェブサイトなどにご注意ください。
不審に思われた際には、速やかに総務課(079-427-9137)にお知らせください。

その他、国勢調査に関しましては、「国勢調査2020キャンペーンサイト」をご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:総務課 統計担当(本館5階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079- 427-9137
ファックス番号:079-424-1375
問合せメールはこちら