総合防災マップについて

更新日:2020年05月28日

総合防災マップを見て災害に備えよう

 近年、台風や集中豪雨による災害が多く発生しています。また、南海トラフ地震や山崎断層帯地震の発生が危惧されているなど、今後、大きな被害をもたらす自然災害から、人命・財産を守ることが喫緊の課題であり、その対策を進めていくことが急務となっています。

 これらの災害に備えるには、堤防や治水施設などハード面の整備を進めるだけではなく、地域の危険箇所を平時から市民の皆様にお伝えするなどし、防災意識の向上を図るなどソフト面の対策を進めることが大変重要と考えられています。

 この総合防災マップをご覧いただき、一人ひとりが自然災害に対する備えと緊急時にとるべき行動についてお考えいただくとともに、災害発生の危険を感じたら速やかに避難行動が行えるよう心がけてください。

 なお、平成27年以降、加古川流域の洪⽔浸⽔想定区域について、従来の計画規模降⾬(約150年に1回程度起こり得る降⾬)に基づくシミュレーション結果に加えて、新たに想定最⼤規模降⾬(約1,000年に1回程度起こり得る降⾬)に基づくシミュレーション結果の公表がされているほか、避難勧告等の発令の際に「警戒レベル」を付した情報伝達なども始まりました。
 これらのことを踏まえ、令和2年9⽉ごろに「加古川市総合防災マップ」の更新版を各家庭や事業所などへ郵送により配布する予定としています。

注意事項

 加古川市総合防災マップは平成26年12月に改訂されたものであり、内容について一部変更箇所があります。

変更箇所

平成27年4月1日に下記の指定緊急避難場所・指定避難所の指定を解除しました。

・東部隣保館 ・西部隣保館 ・志方会館

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:危機管理課(消防庁舎4階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9717
ファックス番号:079-427-3623
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。