今日の上荘小学校(2020年1月)

更新日:2020年01月30日

1月28日~2月2日 令和元年度加古川市ふれあい作品展

 1月30日、2回目の更新です。

 1月28日(火曜)から2月2日(日曜)まで、加古川市総合福祉会館2階大ホールで、「令和元年度加古川市ふれあい作品展」が開催されています。

 本校からも、「けやき・やまびこ学級」の児童が制作した作品を出品しています。

 「ふれあい作品展」は、障がい者(児)が日頃の趣味・学習活動の中から制作した作品を展示し、一般市民の理解と関心を高めるとともに、作品の制作を通して文化と生きがいの高揚を図り、積極的な社会参加の意欲を育てることを目的に開催されています。

本校「けやき・やまびこ学級」の作品です。

 「たまごが われたら」という作品です。

 たまごを作り、そのたまごが割れたら、どんなものが生まれるか想像して、粘土で作りました。

 幼・小・中・特別支援学校の児童生徒の作品に加え、大人の方々の作品も出品されています。(1034名、1026点の出品です。)

 是非、熱意あふれる作品の数々をご鑑賞ください。

1月29日 車いすバスケット体験【4・5・6年】

 1月30日の更新です。

 1月29日に、体育館で車いすバスケットボールを4・5・6年生が体験しました。

 加古川市教育委員会のオリンピックやパラリンピックに関連したスポーツ体験を通して、スポーツに親しむとともに、障がい者理解を進めることを目的とした「オリンピック・パラリンピック教育推進事業」の「オリパラ教育活動」として実施しました。

 まず、講師の先生の紹介および競技用の車いすについての説明がありました。

 12のグループに分かれて、体験乗車です。

 最初から上手に乗車できる人、手こずった人もいましたが、無事に全員が体育館を2往復できました。

 次に、ボールを使ってのドリブル体験です。

 体験乗車以上に苦労している人もいましたね。

 そして、最後は6人対6人のミニゲームです。

 これまでの練習の成果を発揮(?)し、ゲームを楽しみました。

 途中、1年・3年生も見学に来ました。

 今回の経験をとおして、障がい者理解を深めるとともに、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けても、車いすバスケットをはじめ、様々な競技に興味関心をもって観戦・応援してくれるものと期待しています。

1月28日 上荘落語発表会【3年】

 1月29日の更新です。

 昨日1月28日の5・6校時、2階多目的教室で3年生が、「上荘落語発表会」を開催しました。

 国語で、「わらい話を楽しもう」の学習を進めていましたが、その一環として、今回の落語会となりました。

  教科書に載っている「白ねずみ」、「はとが聞くから」を含む計8種類の中から自分か演じたい話を決めました。

 実際の落語家さんのビデオを観たり、プリントで落語の5つの約束を確認したりして、練習に励んできました。

 少し緊張した様子もありましたが、「上荘亭〇〇」と名乗り、大きな声で堂々と小話を披露することができました。

 なかでも、この4人の小話で教室が大爆笑に!

 上荘落語四天王の誕生です。

 将来は、プロの落語家になるかも!?

1月27日 昔あそび【1年】

 本日の午前中、1年生が体育館で、上荘町老人クラブ連合会の皆さんに、昔の遊びを教えていただきました。

 1年生は、この日が来るのを心待ちにしていました。

 老人クラブ連合会のみなさん、よろしくお願いします。

 あやとり・コマ回し・けん玉・羽子板・お手玉等、たくさんの遊びを教えていただき、一緒に楽しみました。

 寒い中、楽しい遊びを教えていただき、ありがとうございました。

 

1月24日~26日 加古川市小中学生美術展

 本日2回目の更新です。

 

 先々週の「理科作品展」、先週の「書写作品展」に引き続き、今日1月24日(金曜)から26日(日曜)まで、加古川市総合文化センター 美術展示室及び展示ロビーで、「 加古川市小中学生美術展 」が開催されています。

 本校からも、各学年から絵画作品・立体作品を出品しています。

  お時間が許せば、是非総合文化センターにご足労いただき、ご覧いただきたいと思います。

 

 総合文化センターに隣接する平岡北小学校の児童がたくさん見学に来ていました。

絵画作品です。

6年生が、立体作品を出品しています。

 各学校の特別支援学級のコーナーにも、本校の児童の作品が展示されていますので、併せてご覧いただきたいと思います。

1月24日 十歳のきみへ いのちの授業【4年】

 3校時、4年生を対象に 「十歳のきみへ いのちの授業」 を実施しました。

  「十歳のきみへ いのちの授業」 は、2017年に105歳でなくなられた 日野原重明 先生が、命の尊さを学んでもらおうと活動を始めたものです。

 今回は、特定非営利活動法人 「エフ・フィールド」 の柴田先生と昨年まで本校に養護教諭として勤務されていた先生に来校いただき、自分と他人の存在の大切さを実感する学習を行いました。

 お別れしてから、1年もたちませんが、懐かしいお顔ですね。

 上荘小学校4年生のために、講師をつとめてくださいました。

 ありがとうございます。

 まず、日野原先生のDVDを鑑賞し、「命は目に見えない大切なもの」等のメッセージを聞き、その後、聴診器で自分の心音を聴きました。

 次に、友だちの心音を聴き、自他のいのちの証を実感しました。

 この授業には、お家の方にもご参加いただき、一緒に心音を確認していただきました。

 絵本「いのちのまつり」で、父母、祖父母ら、たくさんのいのちのつながりで、自分が存在することを感じることができました。

 最後に、日野原先生からの5つのメッセージをみんなで声に出して読みました。

 昔々、そして、非常に多くの人から受け継いだ「 命のバトン 」を大切につないで、しっかりと次に届けるために、 自分の命、友だちの命を大切に していきましょうね。

1月23日 児童集会(保健委員会)

 今朝の児童集会は、保健委員会が担当でした。

 保健委員会のみんなで考えた「体に関するクイズ」を行ってくれました。

 

 保健委員会のクイズに先だって、まず、放送委員会と音楽の先生による今月の歌です。

 今月の歌は「世界に一つだけの花」です。

 この曲は、ふれあい表現会で3年生が合唱しました。途中、手話も入ります。

 今日は、上荘っ子みんなで、手話も行いました。

 先月までもそうでしたが、「今月の歌」は、上荘っ子全員が、本当に体育館いっぱいに拡がる大きく、きれいな声で歌うことができています。

 そして、本日のメインイベントです。

 「体に関するクイズ」の始まりです。

 体に関する3択クイズでした。答えは各々が帽子で表示します。

 歯、けが、血管、かぜ等に関するクイズ6問を出題してくれました。

 みんな、全問正解できたかな?

 最後に、まだまだインフルエンザや風邪がはやる時期なので、うがい・手洗いをしっかりして予防しようとの呼びかけがありました。

 保健委員会のみなさん、ありがとうございました。

1月22日 なわとび練習台~手作りジャンピングボード~

 1月22日2回目の更新です。

 中庭に設置していた「なわとび練習台」でしたが、長い間、上荘っ子たちが愛用してきた結果、壊れる箇所がでてきました。

 そこで、1年生担任がホームセンターで材料を調達し、新「なわとび練習台~手作りジャンピングボード~」を作ってくれました。

 そして、業間・昼休み等、1年生が早速、なわとびの練習を頑張っています。

 ジャンピングボードは、なわとびをする際に子どもの跳躍を補助する道具です。跳ぶことに意識を向けなくてもよくなるので、ロープを回すことに意識を集中できます。その結果、2重回しや、2重あや回し(はやぶさ)がとっても簡単にできるようになります。

 上級生は、このジャンピングボードで上手な跳び方を下級生に見せてくださいね。また、下級生は、そのリズム感や動きのコツを自然と身に付けてもらいたいです。

 寒い日が続きますが、なわとびを汗いっぱいになるほど楽しんでくださいね。

1月21日 なかよし給食

 1月22日の更新です。

 昨日21日に、給食委員会が「なかよし給食」を企画・実施しました。

 本来は、12月に予定していましたが、風邪・インフルエンザ等の感染予防のため、延期していました。

 この「なかよし給食」は、上荘っ子にとって、待ちに待った異学年交流のイベントの一つです。

 21のなかよしグループが、3グループずつ7教室に分かれての実施です。

 異学年で協力して配膳をしたり、なかよしグループの友だちと食事をしたり、ゲームを楽しんだりすることが、今回のねらいです。

 3年生が1年生を教室まで迎えに行き、4~6年生が配膳の準備を行います。そして、低学年が机に運びます。

 1年生の「いただきます」のあいさつで、なかよし給食の開始です。

 なかよしグループのみんなで食べる給食も、とても美味しいですね。

 グループの人たちといろいろな話ができたことだと思います。

 そして、給食委員会の人が、各教室に行き、「野菜の花クイズ」の始まりです。

 なかなか難しかったですが、みんなは全問正解できましたか?

 給食委員会のみなさん、楽しいイベントを企画・運営してくれてありがとう‼

1月17日 1.17黙祷・防災授業

 1月20日の更新です。

 平成7年1月17日午前5時46分に発生し、6434人の方々が亡くなり、3名の方が行方不明となった阪神・淡路大震災から25年となりました。

 この日、県内各地で多くの追悼行事が営まれましたが、本校でも「1.17黙祷・防災授業」を実施しました。

 

 まず、昨年8月に新任教職員研修として東日本大震災被災地へ派遣された4年担任から、現地で視察したり、話を伺ったりしたことから、当時の様子、現地の人の想い、私たちができること、そして、上荘っ子に伝えたいことを話してもらいました。

 「震災を風化させない-『忘れない』『伝える』『活かす』『備える』」

 私たち兵庫県民は、阪神・淡路大震災の経験と教訓を広く発信し、次の大災害への備えや対策の充実につながるよう安全・安心な社会づくりに向けて歩んでいかなければなりません。 

 まず、震災当時のビデオを見ました。映像をとおして、子どもたちも多くのことを考え、学んだと思います。

 そして、安全担当の先生が、前日に神戸市役所南側、東遊園地内に設置されている「1.17希望の灯り」から分灯していただいた灯り、そして、その碑文の紹介がありました。

 「やさしさ」と「思いやり」、そして「生きている証」としての灯りです。震災で亡くなった方々の命と生き残った私たちへのメッセージ」を発信し続けています。

 最後に、児童会代表の言葉がありました。  
「震災を風化させない-『忘れない』『伝える』『活かす』『備える』」強い決意を感じました。

 もし、これから先"何か"あった時に「どう行動するか」

 それこそが、今私たちが震災を風化させないことであるのかもしれませんね。

 全校生で亡くなられた方々を想い、黙祷をささげました。

1月17日~19日 加古川市小中学生書写展

 先週の「理科作品展」に引き続き、今日1月17日(金曜)から19日(日曜)まで、加古川市総合文化センター 美術展示室及び展示ロビーで、「 加古川市小中学生書写展 」が開催されています。

 本校からも、3年生以上の学年代表の作品を出品しています。

 校内書き初め会の作品から、3~6年生以上各学年2名、けやき・やまびこ学級1名の作品を選び、出品しています。

 お時間が許せば、是非総合文化センターにご足労いただき、ご覧いただきたいと思います。

 なお、全ての児童の作品は、 2月6日(木曜)から2月8日(土曜) に3階多目的室で開催する 「校内書き初め展」 で展示しますので、是非ご来校いただき、ご覧いただきたいと思います。

11月16日 冬のお楽しみ集会(とんど)

 本日、「 冬のお楽しみ集会 」を開催しました。

 地域の伝統行事である「 とんど 」で、一年間の無病息災を祈るなど厳粛で清新な気分を味わうとともに、老人クラブの皆さんや両荘幼稚園・都台こども園の園児、そして、地域や保護者の皆さんとの交流を図ることを目的としています。

 今年は、残念ながら、加古川養護学校のお友だちは参加することができませんでしたが、書写の作品は一緒に燃やしました。

 

 集会が始まる前に、各学年で中庭に用意していただいた笹に、書き初めをつけました。

 そして、とんどに立てかけました。

 また、お世話になった老人クラブの方の記念撮影も行いました。

 オープニングとして、6年生が、 くすのき太鼓を力一杯気持ちを込めて演奏しました。

 6年生としては、最後のくすのき太鼓の演奏となります。

 とても、素晴らしい演奏でした。

 校長・上荘町老人クラブ連合会長・児童代表のあいさつの後、各学年・各校園代表により、とんどに点火しました。

 竹のはぜる音、高く上がる炎・煙、参加した人たち、上荘町の皆さんの無病息災、そして、五穀豊穣を祈りました。

 そして、みんなが、もう一つ楽しみにしていた「 ぜんざい 」をいただく時間です。PTAの役員の皆さんが前日の夜、そして、当日も早朝から準備いただいたものです。

  PTA役員の皆さんの愛情のこもった 「 ぜんざい 」は、やはり最高に美味しかったですね。

 ふれあいタイムとして、5年生は幼稚園・こども園の皆さんと、6年生は1年生と交流しました。

 はねつき、たこまわし等、お正月の遊びを楽しむことができましたね。

 このような楽しい時間を過ごすことができたのは、老人クラブ連合会の皆さん、そして、PTAの役員の皆さんをはじめ多くの方々の協力があってできたということに対して、感謝する気持ちを持ってもらいたいと思います。

 本当にありがとうございました。

1月15日【3】 冬のお楽しみ集会(とんど)準備

 

 本日3回目の更新です。

 明日1月16日は、上荘っ子が待ちに待った「冬のお楽しみ集会」です。

 上荘老人クラブ連合会のみなさんにお手伝いいただき、四半世紀以上続いている上荘小学校にとって大切な行事の一つです。

 本日も、たくさんの方々にご協力いただき、準備を行いました。

 6年生も、「上荘っ子」を代表して準備に参加させていただきました。老人クラブの皆さんの手際の良さに感心しながら、できることを精一杯お手伝いしました。

 夕方からは、PTAの役員のみなさんが、美味しい「ぜんざい」の準備をしてくださっています。

 明日の「ぜんざい」も楽しみですね!

 

 明日は、9時55分から「冬のお楽しみ集会」を開催します。

 両荘幼稚園、都台こども園のお友達も参加してくれます。

 保護者・地域の方々も是非ご参加いただけると、ありがたいです。各ご家庭のしめ縄等もどうぞお持ち寄りください。

 「とんど」で上荘町内の皆さんの無病息災を祈り、よい年を迎えましょう。

1月15日【2】 校外学習【5年】

 本日2回目の更新です。

 5年生が、校外学習として、「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」へ行きました。

 この施設は、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)から7年後の2002年4月に、兵庫県が国の支援を得て設置されました。

 阪神・淡路大震災の経験を語り継ぎ、その教訓を未来に生かすことを通じて、災害文化の形成、地域防災力の向上、防災政策の開発支援を図り、安全・安心な市民協働・減災社会の実現に貢献することをミッションとしているそうです。

 今月の17日で阪神・淡路大震災から25年目の節目を迎えます。

 震災を風化させない-「忘れない」「伝える」「活かす」「備える」を基本コンセプトに、震災の経験の教訓をいつまでも忘れることなく、安全・安心な社会づくりに向けて歩むことは私たち兵庫県民の責務です。

 震災を経験していない子どもたちも、震災にまつわる被災者の方々のメッセージや復興過程の生活や町の姿をとおして、震災について、しっかりと学ぶことができました。

 

 また、特殊撮影やCGによる視聴覚教材により阪神・淡路大震災の地震破壊のすさまじさを体感することもできました。

 1月17日には、本校でも、「1.17黙祷・防災授業」を実施します。

 阪神・淡路大震災で亡くなられた方々を想い、命の大切さを実感するとともに、更なる防災意識を高めていきたいと思っています。

 

 午後からは、灘浜サイエンススクエアに行きました。

 遊びながら現象の不思議さを体感することができました。科学に対する好奇心が高まったかな!?

1月15日 朝のかけ足 再開

 2学期末の校内マラソン大会後、お休みしていた「朝のかけ足」を今朝から再開しました。

 寒い中でしたが、上荘っ子は元気に走っています。

 体育委員会の合図でスタートです。

 今日は、30秒走5本でした。

 「今日も元気に頑張りましょう!」

 体育委員会のあいさつで「朝のかけ足」の終了です。

 3学期も、みんな元気に走りましょうね。

1月11日 加古川市駅伝大会

 1月14日の更新です。

 1月11日(土曜)に加古川市運動公園陸上競技場で、「令和元年度加古川市駅伝大会」が開催されました。

 男子は、A・Bの2チームが参加しました。

 5・6年生でチーム編成してる学校が多い中、本校は3~6年生でチームを組みました。

 下の写真は、1区がスタートし、観覧席の前を通過したときの様子です。

 2・3区です。

 上荘小学校の代表として、襷(たすき)をリレーしています。

 4・5区です。

 みんなが自分の持てる力を十分に発揮してくれました。

 女子も、駅伝大会に1チームをエントリーしていましたが、前の週に一人が体調を崩したため、急遽、4人で1.5Kmの友好に参加しました。

 そして、4人ともそれぞれの自己ベストを更新するとともに、上位で走ることができました。

1月10日~12日 加古川市小中学校理科作品展

 本日2回目の更新です。

 今日1月10日(金曜)から12日(日曜)まで、加古川総合文化センター 美術展示室・展示ロビーで、「令和元年度 加古川市小中学生理科作品展」が開催されています。

 本校からも、夏休みの宿題として提出されたものの中から、10点の作品を上荘小学校の代表として出品しています。

 本校の作品だけでなく、他校の作品もすばらしいものばかりですので、是非ご足労いただき、ご覧いただきたいと思います。

 また、明日1月11日(土曜)には、西神吉町の加古川運動公園陸上競技場で加古川市駅伝競走大会が開催されます。

 本校からも、精鋭が参加しますので、応援よろしくお願いします。

  出走順 

  • 小学女子ロードレース 11:10~  
  • 小学男子ロードレース 11:25~
  • 小学女子の部 11:40~  
  • 小学男子の部 12:30~

1月10日 児童集会【図書委員会】

 今日の児童集会は、図書委員会による「劇」でした。

 本来は、12月に行う予定にしていましたが、インフルエンザ等で欠席者や体調の悪い人が多かったので、今日まで順延されていました。

 さあ、劇の開幕です!

 「今日は、クリスマス。サンタクロースがプレゼントを持ってきました。」


 プレゼントが入っている思い、袋を開けてみると、中には図書室の本が・・・・・

 「プレゼントは、預かっている! 返してほしければ図書室の本を正しい場所に返すんだ」と書かれた紙も入っていました。

 困った二人は、図書委員に相談することにしました。

 図書委員の説明によると、上荘小学校の図書室の本には、シールが張られ、そのシールの色ごとに本を置く場所が決まっています。

 また、絵本には、二つのシールが張られいます。先ほどの色のシールと書いた人の名前の最初の文字のシールです。

 図書委員の説明を聞いて、無事に正しい場所に返すことができました。そして、プレゼントも無事に受け取ることができました。

 上荘っ子みんなが気持ちよく図書室を利用するためにも、読んだ本は、シールを目印に正しい場所に返しましょうね!

 また、分からないときは、図書委員に聞いてください。

(校長先生も劇に参加しました。)

 図書委員会の劇の後に、放送委員会から2学期に実施した「食べものあのねグランプリ」の表彰がありました。

 3年生・4年生が優秀な成績をおさめたということで、クラスの代表に表彰状が渡されました。おめでとう!

1月9日 校内書き初め会【3~6年】

 本日の2・3校時に、3~6年生が体育館で、「校内書き初め会」を行いました。

 書き初め会をとおして、文字に対する感覚と正しい認識を育て、表現する喜びを体得させるとともに、我が国の文化と伝統に対する理解と愛情を育てることを目的としています。

 1・2年生は、教室で硬筆による書き初め会です。

 加古川市小・中学生習字展の課題である文字を書きます。

 3年生は「ふじの山」、4年生は「はねの音」、5年生は、「楽しい春」、6年生は「輝く富士」です。

 書写担当の先生の説明の後、書き初め会開始です。

 一人5枚の画仙紙に課題を慎重かつ丁寧に書いていきます。

 担任の先生に加え、3・4年生の書写を担当している教頭先生の指導も熱が入っているようですね。

 

 早い時間帯に作品が完成した人たちです。とても頑張っていい作品に仕上がりましたね。

 よくかけたものを2枚、担任の先生に提出します。

 1枚は、校内書き初め展用、もう1枚は冬のお楽しみ集会(とんど)用です。

 

 

 校内書き初め展

  令和2年2月6日(木曜)~8日(土曜)

  3階多目的教室

  多くの保護者の皆様、地域の皆様のご来校をお待ちしています。

 全員が集中して取り組むことができました。さすが上荘っ子ですね!

 なお、加古川市小・中学生作品展は、1月17日(金曜)~19日(日曜)まで加古川総合文化センターで実施されます。

 本校から10名の作品を出品します。

 

1月8日 暴風警報に伴う臨時休校

 本日午前4時10分に暴風警報が出され、午前7時の時点で継続されていましたので、本日は臨時休校としています。 自宅待機し、家庭内で安全確保を行ってください。

 11時30分過ぎに、ミマモルメで明日の用意等を配信しましたが、参考まで掲載します。

 

1月7日 第3学期始業式

 新年明けましておめでとうございます。

 お正月はどの人にとっても気持ちを新しくして、昨年よりも更によい自分になれるスタートの時だったのです。皆さんも、もっと賢くなりたい、もっと運動ができるようになりたい、もっと友達をふやしたいなど、いろいろなことを思っているでしょう。もっとこうなりたい、ああなりたいという願いは、何もかもが新しくなるお正月をきっかけとして、新たな目標を持ち、昨年よりも素敵な自分になっていくことで、かなうことができるのです。

 さあ、今日から、いよいよ学年最後の3学期が始まります。自分の願いをかなえるために、今年1年間続けられる目標を持ちましょう。そして、その目標に向けて毎日少しずつ頑張っていきましょう。そして昨日より今日、今日より明日と、よりよい自分、より素敵な自分を目指していきましょう

(令和2年1月7日 三学期始業式・学校長講話より)

この記事に関するお問い合わせ先

担当:上荘小学校
郵便番号:675-1216
住所:兵庫県加古川市上荘町都染400
電話番号:079-428-2044