今日の上荘小学校(2019年1月)

更新日:2019年12月23日

 新年明けましておめでとうございます。

 みなさんが、元気にそろって新年を迎え、三学期の始業式に登校したことを大変うれしく思っています。

 さて、一年間の総まとめの三学期となりました。三学期は学校に来る日は52日しかありません。しっかりと計画を立てて、一年間の学習をまとめてください。

 新しい年になって、みなさんもいろいろな夢や希望や計画を立てたかと思います。二学期の終業式でもお話しましたが、「一年の計は元旦にあり」という言葉があります。新しい年になり、新しい願いを実行していくことが大切だという意味です。

 それには、「やる気」と「根気」、そして「元気」の三つの「気」が大切です。何事にも自分から進んでやることです。お家の方や先生から言われたからではなく、自分で本気になって「やる気」を出すことです。そうすればきっとできます。

 また、最後まで粘り強くやり抜く「根気」も必要です。途中であきらめてはだめです。「根気」よくやるのみです。

 そして、そのためには「元気」な体・心が必要です。風邪など引かないよう健康管理には十分気をつけましょう。また、困ったことがあれば、誰かに相談することも大切なことです。

 「やる気」、「根気」、「元気」で、この短い三学期をしっかりまとめていくと同時に一人ひとりが次の学年へのステップにしていってほしいと思います。

(平成31年1月7日三学期始業式・学校長式辞より)

1月31日 ダブルダッチ【5・6年生】

 昨日の「 競技縄跳びの日本代表 」に引き続き、今日は、「 ダブルダッチの世界チャンピオン 」に来校いただき、3校時に6年生、4校時に5年生が指導していただきました。

 「 ダブルダッチ 」とは、2本のロープを使って跳ぶなわとびです。3人以上で行ないますが、向かい合った2人のターナー(回し手)が、右手のロープと左手のロープを半周ずらせて内側に回す中を、ジャンパー(跳び手)が色々な技を交えて跳ぶというものです。手軽に誰にでもできて、集中力、持久力、リズム感、創造力、バランス、そしてチームワークが自然に身につく楽しいスポーツです。

体育館で縄跳びをする子どもたちと男性の写真
二人の人物が回す二本の縄を大きくひざを曲げて飛び越す女の子の写真
回ってくる二本の縄を軽くジャンプして飛び越える女の子の写真

 平荘小学校の先生が、前任の東神吉小学校で指導され、世界チャンピオンになられた大学生の方に指導していただきました。

 まずは、模範演技を披露していただきました。

体育館で縄跳びをする子どもたちが飛び込むタイミングをうかがっている写真

 途中、1年生やけやき・やまびこ学級の児童も見学に訪れ、上級生のお兄さん・お姉さんの頑張りに拍手をおくっていました。

二本の縄をタイミングを見計らい飛び越える男の子と飛び込むため走り寄る男の子の写真

 みんなの頑張りと的確なポイントを指導していただき、予想以上に上手に跳ぶことができましたね!

女性と女子生徒が2本の縄を回して、その縄を女子生徒が足をそろえて飛び越えている写真

 短縄同様、世界チャンピオンをめざして「ダブルダッチ」はクラスの仲間と呼吸をあわせて、練習に励んでいきましょうね!

1月30日 朝のなわとび【2】

 先週から、朝のかけ足の時間に「朝のなわとび」を始めましたが、今日の「朝のなわとび」には、特別講師として、市教育委員会の指導主事の先生に来ていただき、模範演技を見せていただいたり、様々な跳び方を教えていただきました。

校庭で前に出て縄跳びをする男性と座って見る子どもたちの写真
校庭で子どもたちに説明するため縄跳びをする男性の写真
校庭でお互いの縄がぶつからない程度の間を開けて縄跳びをする子どもたちの写真

 今までしたことのない跳び方や止め方も教えていただき、みんなで縄跳びを楽しみました。

校庭で朝礼台に上りマイクを持って話す男性の写真

 競技縄跳びの日本代表として、世界大会にも参加されたことのある先生の妙技に「上荘っ子」たちの目は釘つけになりました。

通常の服装に頭のみ赤白帽をかぶり校庭で縄跳びをする子どもたちの写真

 今日教えていただいたことを活かし、これからも、しっかり練習していこうね!

 未来の世界大会・日本代表を目指して!

室内で前に出て話す男性とクリップボードを手に話を聞く子どもたちの写真

 そして、その後6年生は、キャリア教育の一環として、仕事をしながら「競技縄跳び」に取組み、日本代表までになられた先生の話や「朝のなわとび」とは違った様々な飛び方を見せていただきました。

 業間には、いつも以上になわとびに励んでいる「上荘っ子」が多かったです。

1月29日【2】 昔あそび【1年】

 本日2回目の更新です。

 1年生が体育館で、上荘町老人クラブ連合会の皆さんと「 昔あそび 」を体験しました。

体育館で女性二人にあやとりを教えてもらう女の子二人の写真
体育館で竹とんぼで遊ぶ子どもたちの写真
体育館でかるたで遊ぶ子どもたちと男性の写真
体育館でこまの遊び方を教える老人クラブの皆さんと教わる子どもたちの写真
体育館で皿の上に玉が乗ったけん玉を見せて映る子供たちの写真

 あやとり・コマ回し・けん玉・カルタ・竹とんぼ・羽子板等、たくさんの遊びを教えていただき、一緒に楽しみました。

体育館での老人クラブと子どもたちの集合写真

 最後に、老人クラブ連合会のみなさんと記念撮影です。

 寒い中、楽しい遊びを教えていただき、ありがとうございました。

1月29日 十歳のきみへ いのちの授業【4年】

 3校時、4年生を対象に 「十歳のきみへ いのちの授業」 を実施しました。

 当初は1月22日の予定でしたが、4年生がインフルエンザによる学級閉鎖出会ったため、今日に順延しました。

 「十歳のきみへ いのちの授業」 は、2017年に105歳でなくなられた 日野原重明 先生が、命の尊さを学んでもらおうと活動を始めたものです。

 今回は、特定非営利活動法人 「エフ・フィールド」 の柴田先生に来校いただき、自分と他人の存在の大切さを実感する学習を行いました。

室内で前に出て話す女性と座って聞く子どもたちの写真とティーシャツを体にあてる女の子の写真と互いに聴診器をあてる女の子三人の写真と自分に聴診器を当て、聴診器の使い方を教わる子どもたちの写真が四枚並んだ写真
室内でホワイトボードに貼られた白衣の男性のイラストの写真
室内で聴診器で自分の心音を聴く女の子たちの写真

 まず、日野原先生のDVDを鑑賞し、「命は目に見えない大切なもの」等のメッセージを聞き、その後、聴診器で自分の心音を聴きました。

室内で互いの心音を聴く男の子たちの写真

 次に、友だちの心音を聴き、自他のいのちの証を実感しました。

 この授業には、多くのお家の方にもご参加いただき、一緒に心音を確認していただきました。

室内で前に出て絵本を読み聞かせる女性の写真

 絵本「いのちのまつり」で、父母、祖父母ら、たくさんのいのちのつながりで、自分が存在することを感じることができました。

室内でホワイトボードに貼られた標語を音読する女性の写真

 最後に、日野原先生からの5つのメッセージをみんなで声に出して読みました。

 昔々、そして、非常に多くの人から受け継いだ「 命のバトン 」を大切につないで、しっかりと次に届けるために、 自分の命、友だちの命を大切に していきましょうね。

1月28日 授業研究会【6】

 本校では、児童によりよい指導をするため、また、教師自身の授業力向上のため、計画的に校内研究を進めています。

 今日は、今年度6回目(市の教科部会の研究授業を含めると8回目)の研究授業を1年生で実施しました。

教室で机に置かれたプリントを指差す先生とプリントを見る子どもたちの写真
教室で前に出て資料を片手に歌う先生の写真と一緒に歌う子どもたちの写真

 最初に、今月の歌「YUME日和」と「もりのくまさん」を元気よく歌いました。

教室で座って手拍子をする子どもたちの写真

 「フルーツ」の名前を手拍子で表現する練習をまず行いました。

教室で黒板にチョークで書く先生の写真

 「フルーツケーキ」の後半の交互に歌う部分に自分の好きな「フルーツ」の名前を入れ、手拍子をつけて歌うことができましたね。

教室で座席に座り机の上に教科書を置いている状態で歌を歌う子どもたちの写真

 1年生のみんな、とってもいい顔、いい声で歌うことができましたね!

1月25日~27日 加古川市小中学生美術展

 先々週の「理科作品展」、先週の「書写作品展」に引き続き、今日1月25日(金曜)から27日(日曜)まで、加古川市総合文化センター 美術展示室及び展示ロビーで、「 加古川市小中学生美術展 」が開催されています。

 本校からも、各学年から絵画作品・立体作品を出品しています。

美術展で壁に飾られた子どもたちの作品の写真
外で撮られた美術展の会場の外観の写真
美術展の受付に飾られた看板の写真

 総合文化センターに隣接する平岡北小学校の児童がたくさん見学に来ていました。

薄暗い中で電球から暖色の光が放たれている作品が飾られたスペースの写真

 絵画作品です。

 お面は、4年生の立体作品です。

美術展で机の上に置かれた子どもたちの立体物の作品の写真

 5・6年生は、立体作品を出品しています。

 お時間が許せば、是非総合文化センターにご足労いただき、ご覧いただきたいと思います。

各学校の絵が飾られたスペースのうち本校の作品以外を加工してぼかした写真

 各学校の特別支援学級のコーナーにも、本校の児童の作品が展示されていますので、併せてご覧いただきたいと思います。

1月24日 児童集会・冬遊び キャンドル作り【1年】

 今朝は、体育館で1月の児童集会を行いました。

 まず、 今月の歌YUME日和 」を全校生で歌いました。

 体育館全体に響き渡るとてもいい歌声でした。

 その後、放送委員会による アンパンマン VS バイキンマン 」が上演されました。短い練習時間にもかかわらず、しっかりと演技することができ、全校生が楽しみことができました。

体育館で歌う全校生徒たちの写真
体育館の壇上で劇をする子どもたちの写真
体育館で前に出て表彰状を読む男性と前に出て聴く男の子と座って聞く子どもたちの写真

  児童集会の後、先日行われた「加古川市小中学生理科作品展」に出品した17名の表彰を行いました。

  明日からは、加古川市総合文化センターで、「加古川市小中学生美術展」が開催されます。本校からも各学年代表の作品を出品しています。

室内でキャンドル作りをする子どもの両手の写真

 3校時、北館3階の家庭科室から楽しそうな声が聞こえてきました。

 教室に入ってみると、1年生が「 冬遊び キャンドル作り 」を行っているところでした。

いくつかのグループに分かれてキャンドル作りをする子どもたちの写真

 みんなで協力して、「キャンドル作り」を行いました。

完成した水色の手作りキャンドルを冷やしている写真

 完成です。

 ろうが固まり、火をともすのが楽しみですね!

けやき・やまびこ学級 冬季野外学習

 明日25日(金曜)に予定されていた「けやき・やまびこ学級」の神鍋高原での冬季野外学習は、雪不足で、スキー場がオープンしていないため、中止となりました。

 いろいろと準備を行い、楽しみにしていたのに残念です!

1月23日【2】 授業研究会【5】

 今日2回目の更新です。

 本校では、児童によりよい指導をするため、また、教師自身の授業力向上のため、計画的に校内研究を進めています。

 今日は、今年度5回目(市の教科部会の研究授業を含めると7回目)の研究授業を6年生で実施しました。

 国語科「プロフェッショナルたち」の学習です。

教室で座って同級生たちに紙を見せる小学生と見る小学生の写真三枚と前に出て話す先生と座って聞く子どもたちの写真が四枚並んだ写真
教室で前に出て話す先生とたくさんの子どもたちが挙手している写真
教室で机をくっつけて座って話す子どもたちと立って聞く先生の写真
教室で机に向かって勉強する子どもたちの写真が五枚並んだ写真
教室で黒板に紙を貼る男の子二人の写真

 3人のプロフェッショナルたちの思いや考えの中で心に残ったことを班で、全体で伝え合えることができました。

教室で子どもたちの前で話すマスクをつけた女性と座席に座った生徒たちの写真

 それぞれが、自ら考え、自らの言葉でまとめ、意見を言うことができました。また、友だちの意見をしっかりと聞き、受け取る態度、さすが上荘小学校の6年生です。

 残り少ない小学校生活を楽しく、そして充実したものにしてくださいね!

1月23日 朝のなわとび

 今朝から約1ヶ月間、朝のかけ足の時間に「 なわとび 」を行います。

 月曜:大なわ 火:かけ足 水:短なわ 木:かけ足 金:大なわ をの予定です。

校庭で縄跳びをする子どもたちの写真
校庭で縄跳びをする子どもたちの中の1人の男の子にピントを合わせた写真
子どもたちの前に立ち手本を見せる体育委員会の児童の写真

 体育委員会の人たちが、前で跳んで、全校生をリードしてくれています。

 今日も様々な跳び方にチャレンジしました。

縄跳びをしている全校生徒のうち1年生の女の子に注目した写真

 1年生も一生懸命跳んでいます。休み時間にも中庭で練習に励んでいます。お家でも練習している人も多いようです。

校庭で縄跳びをする女の子と男の子の写真

 1月から2月に、本校では「 なわとび検定 」を実施しています。

 児童の運動技能を高め、健康増進、体力向上への関心を高める ことを目的としています。

 体育の授業等を活用して、各担任が技能をチェックしていきます。

 記録については、「運動の記録」に記入し、保護者の皆さんにもお伝えする予定にしています。

窓に貼られた縄跳びのプリントの写真

 中庭の方に向けて、「なわとび仙人への道」の表が掲示されています。

 上荘っ子のみなさん、 なわとび仙人 をめざして、朝のなわとびをはじめ、体育の時間・休憩時間・放課後等なわとびをしっかり頑張りましょうね!

1月22日 KamiShoT【3】

 上荘小学校内外の素敵な自然を 「KamiShoT」 として掲載します。(撮影は、5年生担任です)

 今月は、昨夜(1月21日)、上荘小学校で撮影した「 スーパームーン 」です。

夜に撮られたスーパームーンの写真

 昨夜(21日)は2019年最初の満月でした。「 スーパームーン 」ともいわれています。「スーパームーン」とは、天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていません。

 主に地球と月との距離がとても近く、普段より月が大きく見える時に使われるようです。

 なお、今年最も大きい満月は2月20日です。国立天文台によると、最も大きな満月は最も小さな満月に比べて14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えるとのことです。

1月21日 代表委員会

 本日の業間に、代表委員会を児童会室で開催しました。

 計画委員会が中心となり、2年生以上の正副委員長、各委員会の正副委員長が出席します。

 毎月1回の開催ですので、今回で9回目となります。

 まず、先月のめあての振り返りを行い、今月の各委員会のめあてを確認していきます。

教室で座って話し合う子どもたちの写真
委員会で話すために立ち上がった男の子の写真

 次に各クラスから、全クラスへのお知らせや要望を出していきます。

 今日は、5年生からのお知らせがありました。

机の上に名札が置かれそこに子供たちが座り話し合いをしている写真

 その後は、各委員会から各クラスへのお知らせです。

 代表委員会で話し合ったことを各クラスへ持ち帰り、よりよい上荘小学校にするために頑張っていきましょうね!

インフルエンザによる学級閉鎖の実施について

 明日1月22日(火曜)から23日(水曜)までの2日間、4年生児童のインフルエンザによる欠席者が急増したため、学級閉鎖をすることになりました。

  • 手洗い、うがいをこまめに行う
  • 食事や睡眠を十分にとり、体力を蓄える

等、インフルエンザの予防について、学校でも指導しておりますが、各家庭においてもご協力をお願いします。

1月18日~20日 加古川市小中学生書写展

 先週の「理科作品展」に引き続き、今日1月18日(金曜)から20日(日曜)まで、加古川市総合文化センター 美術展示室及び展示ロビーで、「 加古川市小中学生書写展 」が開催されています。

 本校からも、3年生以上の学年代表の作品を出品しています。

壁にはられた各学校の書き初めの写真
各学年の書初めを展示している美術館のスペースの写真

 校内書き初め会の作品をもとに、3~6年生以上各学年2名、けやき・やまびこ学級1名を選び、放課後に練習して書き上げた作品を出品しています。

 お時間が許せば、是非総合文化センターにご足労いただき、ご覧いただきたいと思います。

壁にはられた書き初めを見上げるように下から撮った写真

 なお、全ての児童の作品は、 1月31日(木曜)から2月2日(土曜) に3階多目的室で開催する 「校内書き初め展」 で展示しますので、是非ご来校いただき、ご覧いただきたいと思います。

1月17日 避難訓練

 「1.17」

 6千名以上の方が亡くなった 阪神・淡路大震災 の発生から 24年目 となります。

 今日の避難訓練は、地震の被害から身を守るように努め、指示に従い、迅速に避難することと同時に、黙祷をささげ、阪神・淡路大震災で亡くなられた方々を想い、命の大切さを実感するとともに、防災意識を高めることを目的としています。

 避難後の校長講話では、昨日の平成最後の歌会始で、天皇陛下が阪神・淡路大震災復興の象徴「 はるかのひまわり 」への想いを詠まれた「 贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に 」を紹介し、「 震災を忘れないこと・伝えていくこと 」が大切であると話しました。そして、いつも言っている「たった一つの大切な命」を守るために、災害が起こったときにも、「 自分の命は自分で守ること 」を意識して行動してもらいたいと伝えました。

校庭で体育座りで並んだ生徒たちに向かい男性が話をしている写真
子どもたちに説明するための小道具を手に持ち話している男性の写真
避難訓練のため机の下に身体を収めている生徒たちの写真

 避難訓練は、震度5の地震が発生し、体育館と校舎の間の通路の壁が崩れて通行不可という条件で行いました。

防災頭巾をかぶり避難訓練をする子どもたちの写真

 各学級でも、避難訓練前後に防災に関する授業を行い、命の尊さや、助け合いの大切さ、身を守るための工夫などの学習を行いました。

校庭で避難訓練で走る子どもたちと誘導する男性の写真

 避難にあたっては、防災マニュアルの地震発生時における場所別初期行動に従い、また、移動中頭部を守る手立てを行い、適切に行動できること、また、お( おさない )は( はしらない )し( しゃべらない )も( もどらない )の徹底についても、事前指導を行いました。

避難訓練で工程に並んだ後黙祷をしている生徒たちの写真

 訓練の最後に、全校生で震災により亡くなった方々の冥福を祈り、黙祷を捧げました。

 震災から月日が過ぎ、当時の状況を伝え、継承することが難しくなってきています。しかし、日本各地で東日本大震災や熊本地震といった大きな災害が次々を起こっています。震災の記憶や経験を次の世代にどう伝えて活かしていくかが大切になってきます。「 1.17 」を各ご家庭においても、是非お子さんと話し合う機会にしていただきたいと思います。

1月15日 朝会(選任式)

 1月16日の更新です。

 昨日1月15日(火曜)の朝会で、第三学期の各学級の正副委員長の選任式をおこないました。

 各学級で選ばれた正副委員長です。まとめの三学期、クラスの中心として頑張ってくださいね。また、みんなが選んだ正副委員長です。しっかりと協力してよいクラスにしてくださいね。

 校長講話では、「寒卵」について話しました。

 厳しい条件下で生まれた卵の素晴らしさ、そして、つらいとき・厳しいとき・苦しいときがあるかもしれませんが、それを耐えた人が「寒卵」のような素晴らしい人になることができます。いろいろなことに負けないで頑張ってほしいです。

体育館で前に出て紙を受け取る子どもたちと渡す大人たちの写真
体育館で整列して体育座りで並んだ子供たちと前に立ち話しをする男性の写真
校庭をほうきで掃く先生方の写真

 「冬のお楽しみ集会」のあと、先生方が協力して、灰などの片付けを行ってくれました。翌日から気持ちよく運動場が使えるように動いてくれた先生方にも感謝です。

1月11日 冬のお楽しみ集会(とんど)

 1月15日の更新です。

 1月11日(金曜)に「 冬のお楽しみ集会 」を開催しました。

 地域の伝統行事である「 とんど 」で、一年間の無病息災を祈るなど厳粛で清新な気分を味わうとともに、老人クラブの皆さんや加古川養護学校・いなみ野特別支援学校・両荘幼稚園・都台こども園の児童・園児との交流を図ることを目的としています。

外で竹を燃やす伝統行事を火を囲むように見る子どもたちと大人たちの写真が五枚並んだ写真
外で書き初めを竹にくくりつける子どもたちの写真が六枚並んだ写真

 集会が始まる前に、各学年で中庭に用意していただいた笹に、書き初めをつけました。

 そして、とんどに立てかけました。

校庭で和太鼓をする子どもたちの写真が五枚並んだ写真

 オープニングとして、6年生が、 くすのき太鼓「一音入魂 轟け」 を力一杯気持ちを込めて演奏しました。

 6年生としては、最後のくすのき太鼓の演奏となります。

 校長・上荘町老人クラブ連合会長・児童代表のあいさつの後、各学年・各校園代表により、とんどに点火しました。

 竹のはぜる音、高く上がる炎・煙、参加した人たち、上荘町の皆さんの無病息災、そして、五穀豊穣を祈りました。

校庭で竹の先に火を付けて点火する男の子の写真三枚と前に出て話す男性の写真二枚と前に出て話す男の子の写真と燃やした竹を囲む子どもたちの写真三枚が合計で九枚並んだ写真
校庭でぜんざいを食べる子どもたちの写真が五枚並んだ写真

 そして、みんなが、もう一つ楽しみにしていた「 ぜんざい 」をいただく時間です。PTAの役員の皆さんが前日の夜、そして、当日も早朝から準備いただいたものです。

 お母さん方の 愛情のこもったぜんざい 」は、やはり最高に美味しかったですね。

校庭で遊ぶ子どもたちと大人たちの写真が六枚並んだ写真

 ふれあいタイムとして、4年生は養護学校の皆さんと、5年生は幼稚園・こども園の皆さんと、6年生は1年生と交流しました。

 はねつき、たこまわし、たこあげ等、お正月の遊びを楽しむことができましたね。

 このような楽しい時間を過ごすことができたのは、老人クラブ連合会の皆さん、そして、PTAの役員の皆さんをはじめ多くの方々の協力があってできたということに対して、感謝する気持ちを持ってもらいたいと思います。

 本当にありがとうございました。

11月11日~13日 加古川市小中学校理科作品展

 今日1月11日(金曜)から13日(日曜)まで、加古川総合文化センター 美術展示室・展示ロビーで、「 平成30年度 加古川市小中学校理科作品展 」が開催されています。

 本校からも、夏休みの宿題として提出されたものの中から、17点の作品を「 上荘小学校の代表 」として出品しています。

理科作品展で机の上と壁に貼られた子どもたちの作品の写真
理科作品展の案内のプリント
理科作品展で机の上と壁に貼られた子どもたちの作品が全て収まるよう撮影した写真

 他校の作品もすばらしいものばかりですので、是非ご足労いただき、ご覧いただきたいと思います。

校庭で竹を焚き上げている様子を安全のため距離をとって周りで見ている人たちの写真

 本日、好天に恵まれ、老人クラブの皆さん・PTA役員の皆さんをはじめ、たくさんの方々にご協力いただき、「 冬のお楽しみ集会(とんど) 」を開催しました。

 数百枚の写真の中から、選りすぐりのものを 週明けに公開 しますので、お楽しみにしておいてください。

1月10日 冬のお楽しみ集会 準備

 明日1月11日は、上荘っ子が待ちに待った「冬のお楽しみ集会」です。

 上荘老人クラブ連合会のみなさんにお手伝いいただき、四半世紀以上続いている上荘小学校にとって大切な行事の一つです。

 本日も、たくさんの方々にご協力いただき、準備を行いました。

校庭で撮られた大人たちと子どもたちがこれから燃やす竹をバックに撮影した集合写真
校庭で竹を組み上げる大人たちの写真
竹の切り出し作業を行う大人たちの写真

 今年は、年末の餅つきに引き続き、保護者の方が準備にも参加してくださいました。特に、急斜面での竹の切り出し作業には、お父さん方の協力は大変心強かったです。

校庭で竹を組み上げる大人たちと子どもたちの写真

 6年生も、「上荘っ子」を代表して準備に参加させていただきました。老人クラブの皆さんの手際の良さに感心しながら、できることを精一杯お手伝いしました。

校庭ではしごを使い竹を組み上げる大人たちの写真

 もうすぐ完成です。

 はしごに登り、針金やロープで竹を固定していきます。

 今日の夕方からは、PTAの役員のみなさんが、「ぜんざい」の準備をしてくださいます。

 地域の方々・保護者の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

校庭に作られた竹を組み上げたものの写真

 明日は、9時55分から「冬のお楽しみ集会」を開催します。

 加古川養護学校、両荘幼稚園、都台こども園のお友達も参加してくれます。

 地域の方々も是非ご参加いただけると、ありがたいです。各ご家庭のしめ縄等もどうぞお持ち寄りください。

 「とんど」で上荘町内の皆さんの無病息災を祈り、よい年を迎えましょう。

1月9日 授業風景

 毎日、校長と教頭が各教室を巡回し、「上荘っ子」が授業中、頑張っている様子を見せてもらっています。

 いつもは、行事を中心に「今日の上荘小学校」の様子をお伝えしてきましたが、これからは、ふだんの授業の様子の一コマも紹介できたらと思っています。

 まとめの三学期、「上荘っ子」頑張っています!

 今日は、2年生・1年生・6年生を紹介します。

 2年生は、「 たのしく うつして ~ステンシルはんがで冬をあらわそう~ 」と題し、マインドマップを使い、冬のイメージを膨らませてから、ステンシル版画に取り組んでいます。冬にちなんだものをはさみで切っていきます。完成をお楽しみにしておいてください。

教室でステンシルはんがをする子どもたちの写真
教室でステンシルはんがの制作風景を撮影した写真
校庭を走る白い帽子の子どもたちの写真

 1年生は体育の時間でした。

 まず、体を温めるためにグランドを5周走りました。

 元気な1年生、力一杯の力走でした。

校庭で縄跳びをする子どもたちを上空から撮影した写真

 その後、他の教室を回りながら運動場を見ると、「 縄跳び 」の練習がスタートするところでした。

 休み時間も多くの人が縄跳びを練習していますよね!

 縄跳び名人目指して練習あるのみですね!

理科室で大きな釘抜きでてこのはたらきを学ぶ女の子と教える先生と座って見る子どもたちの写真

 6年生は、理科室で「 てこのはたらき 」の実験をしていました。

 導入として、力一杯木材に打ち込んだ釘を大きさの違う釘抜きで抜いていきました。

大きい釘抜きと小さい釘抜き、どちらが楽に釘を抜くことができたかな。

理科室で前に出て小さな釘抜きでてこのはたらきを学ぶ男の子と教える男性の写真

 今後も、何気ない授業風景を紹介します。

 日々「上荘っ子」たちは、先生と一緒に多くのことを学習しています。

  明後日は、「冬のお楽しみ集会」です。明日には、老人クラブの皆さん、PTAの保護者の皆さんにご準備をしていただきます。「上荘っ子」のためにご尽力いただき感謝しております。本当にありがとうございます。

 「上荘っ子」たちも当日を大変楽しみにしています。

1月8日 校内書き初め会

 本日の2・3校時に、3~6年生が体育館で、1・2年生、けやき・やまびこ学級の2年生は各教室で「 校内書き初め会 」を実施しました。

 文字に対する感覚と正しい認識を育て、表現する喜びを体得させるとともに、我が国の文化と伝統に対する理解と愛情を育てることをねらいとしています。

 1・2年生は硬筆で、3~6年生は毛筆で、市内小・中学校習字展の課題を書きました。

体育館で書き初めをする子どもたちの写真が四枚並んだ写真
体育館で二列に並んで書き初めをする子どもたちの写真
体育館で書いた書き初めを披露する子どもたちの写真が四枚並んだ写真

3年生 「たこあげ」

4年生 「正月の空」

5年生 「新たな心」

6年生 「太平の海」 が課題です。

教室で机に向かって文字を書く子どもたちの写真が四枚並んだ写真

 2年生の様子です。

 一文字一文字、丁寧に書いていきました。

 全学年、書いた中から2枚を先生に提出します。

 1枚は校内書き初め展用、そして、もう1枚は1月11日のとんど用です。

教室で机に向かって文字を書く子どもたちの写真四枚と文字を書く子どもの手のアップの写真が五枚並んだ写真

 1年生は、初めての「校内書き初め会」でしたが、文字の上達を願いながら、真剣に書くことができましたね。

 全ての児童の作品は、 1月31日(木曜)から2月2日(土曜) に3階多目的室で開催する 「校内書き初め展」 で展示しますので、是非ご来校いただき、ご覧いただきたいと思います。

教室でプリントを見せて映る男の子と女の子の写真と机に向かって文字を書く子どもたちの写真二枚が三枚並んだ写真

 けやき・やまびこ学級の2年生も、しっかりと書くことができましたね。大変よく頑張ったね!

 なお、今回の作品をもとに、3~6年生の中から「加古川市小・中学校習字展」に出品する児童を選び、放課後に練習をする予定にしています。

「加古川市小・中学校習字展」

平成31年1月18日(金曜)~20日(日曜)

加古川市総合文化センター

この記事に関するお問い合わせ先

担当:上荘小学校
郵便番号:675-1216
住所:兵庫県加古川市上荘町都染400
電話番号:079-428-2044
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。