市民モニター設置要綱

更新日:2019年12月23日

加古川市市民モニター設置要綱

趣旨及び設置

第1条 この要綱は、市政に対する市民の率直な声を継続的に聴取することにより市民のニーズを把握し、それらを市政に反映していくことや、市の施策について理解を深めてもらうことにより、目標を共有し、市民協働のまちづくりをすすめることを目的として設置するインターネット環境を利用した市民モニター(以下「モニター」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

職務

第2条 モニターは、次の職務を行う。

(1) 市長が回答を依頼した市政に関するアンケートに、インターネットを利用して回答

すること。

(2) 市政に関する意見を、インターネットを利用して送信すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認めること。

資格

第3条 モニターの資格は、本市に在住、在勤又は在学している者で、次のいずれにも該当する者とする。ただし、本市職員及び本市市議会議員を除く。

(1) インターネットを利用して、日本語で前条に定めるモニターの役割を積極的に果たすことができること。

(2) 登録の日における年齢が満18歳以上であること。

(3) 市長が指定した次に掲げる事項を承諾すること。

ア 第5条第1項に定める登録事項及び聴取した意見は、市の内部において公表される場合があること。

イ 市は、前条に定める事項に該当しない要望、質問、苦情等は受け付けないこと。

ウ 聴取した意見に対し、市は個別の回答をしないこと。

エ 事業の実施に要する通信費等の経費は、モニターの自己負担とすること。

オ その他市長が必要と認める事項。

任期

第4条 モニターの任期は、登録した日から、登録を取り消された日までとする。

応募及び登録

第5条 モニター登録に応募しようとする者は、加古川市ホームページに掲載する登録フォームより、次の各号の情報(以下「登録情報」という。)を送信しなければならない。

(1) 氏名

(2) 資格(第3条に定める資格)

(3) 生年月日

(4) メールアドレス

2 モニター登録に応募しようとする者は、前項各号に定める事項以外に、次の各号の情報(以下「任意登録情報」という。)を任意で送信できるものとする。

(1) 住所

(2) 職種

(3) 勤務先住所(在勤の資格で登録しようとする者のみ)

(4) 学校名(在学の資格で登録しようとする者のみ)

3 市長は同条第1項の規定による応募を受信したときは、速やかに登録手続を行い、登録手続を完了したときは、結果をメールで送信する。

4 市長は第3条に定める資格を満たさない者又はモニターとしてふさわしくないと認められる者からの応募があったときは、登録できないことをメールで送信する。

登録情報の管理

第6条 市長は、前条第3項の規定により、登録が完了したモニターの登録情報については、加古川市個人情報保護条例(平成10年条例第28号)に基づき、適切に取扱い、保護するものとする。この場合において、登録情報は本モニター活動に係る目的以外で利用してはならない。

2 市長は、前条第4項の規定により登録されなかったモニター応募者の個人情報については、速やかに抹消しなければならない。

登録情報の変更

第7条 モニターは登録情報に変更が生じたときは、速やかに変更内容を送信しなければならない。

2 市長は、前項の変更を受信したときは、速やかに登録情報を変更する。

著作権

第8条 第2条に規定する職務の遂行により得たアンケート回答や意見等の著作権は、回答を受信した時点で、市長に譲渡されるものとする。

アンケート等の取扱い

第9条 市長は、第2条に規定する職務の遂行により得たアンケート回答や意見等について、施策の参考資料として活用し、必要に応じてホームページ等で公開する。

2 市長は、前項の公開に当たっては、モニターに事前に承諾を得ることを要しない。また、公開に当たり、編集等を行うことができるものとする。

費用負担

第10条 メール等の送受信に要する費用及びインターネット環境の利用に要する費用、その他アンケートの回答に要するすべての費用は、モニターの負担とする。

報酬

第11条 市長は、モニターに対する報酬の支払いを行わないものとする。

結果の公表

第12条 市長はアンケートの結果を集計後、速やかにホームページで公表するものとする。

禁止事項

第13条 モニターは次に掲げる行為又はその恐れのある行為を行ってはならない。

(1) 法令に違反する行為

(2) 公序良俗に反する行為

(3) 他のモニター又は第三者を誹謗、中傷する行為

(4) 他のモニター又は第三者に不利益を与える行為

(5) 選挙運動、若しくはこれに類似する行為

(6) この要綱に基づくモニター制度の運営を妨害する行為

(7) 第2条第1項に定めるアンケートに対し、虚偽の内容を回答する行為

(8) 重複登録、他人になりすましての登録等、不正なモニター登録行為

(9) その他市長が不適当と判断する行為

2 市長は、前項各号の行為に起因して第三者に損害が生じた場合、損害に対する一切の責任を負わない。

モニター登録の抹消

第14条 市長はモニターが次の各号のいずれかに該当するときは、モニター登録を抹消することができる。

(1) 市長に対し、辞退の申出があったとき。

(2) 第3条に定める資格の要件に該当しなくなったとき。

(3) 前条に定める禁止行為を行ったとき。

(4) 第2条第1項に定めるアンケートに1年以上回答しないとき。

(5) 第2条第1項で定めるアンケートをメールで送信する際、当該メールが不達になる

状態が1年以上続いたとき。

(6) 前各号のほか、市長が登録抹消の必要があると認めるとき。

2 市長は、前項の規定によりモニター登録を抹消したときは、当該モニターに対し、メールで通知する。ただし、同項第5号に該当する場合は、その限りではない。

3 市長は、第1項の規定によりモニター登録を抹消したときは、前項の規定による通知の後、登録情報を削除する。

4 第1項第3号に該当し、登録を抹消されたモニターは、再度モニター登録することはできない。

身分及び責任

第15条 モニターは、市政の発展向上のために公共的視野に立ち、市政推進に対して、

民間協力者として第2条各号の職務を行うものであって、特別な身分及び権利を付与さ

れるものではない。

2 モニター活動に関し、モニターが自主的に行う行動により生じた事柄についての一切の責任は、モニター自らが負うものとする。この場合において、市に対しての責任は問えないものとする。

免責

第16条 市長は、インターネットの不具合に起因して、第2条各号に定める職務に係るメールの不達、消失又は文字化け等が起こり、そのことによりモニターが損害を受けた場合であっても、その責任を負わないものとする。

モニター制度の変更、一時中断、中止

第17条 市長は、本制度の内容の変更並びに本制度の一時中断及び中止について、事前に通知を行った上で、モニターの承諾を要することなく、行うことができる。

2 前項に定める通知はメールにより行う。この場合において、メールが不達であっても再通知は行わない。

事務局

第18条 モニターに関する事務は、秘書室秘書広報課において処理する。

その他

第19条 この要綱に定めるもののほか、モニターに関し必要な事項は、その都度市長が定める。

付 則

この要綱は、平成30年2月1日から施行する。

PDFデータ

加古川市市民モニター設置要綱 (PDF:110.7KB)

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:政策企画課シティプロモーション係(本館4階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9121
ファックス番号:079-422-9568
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。