高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

更新日:2020年04月01日

 令和元年度から令和5年度までの5年間、65歳以上の5歳刻みの年齢になる方(令和元年度は100歳以上の方も含む)の中で過去に一度も肺炎球菌ワクチンを接種していない方を対象に、予防接種を公費(一部負担あり)で実施します。

定期接種の対象者

 加古川市の住民で、過去に一度でも肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けたことがある方を除く、以下の方が定期接種の対象となります。対象者のうち、1.に該当し、過去の定期接種を受けていない方にはご案内をお送りします。2.に該当する方で、接種を希望される場合は、市役所健康課までお問い合わせください。

 定期接種の対象となる方は毎年異なります。今年度対象の方は、今年度限りとなりますので、接種を希望される方は期間内に受けてください。

  1. 令和2年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の年齢になる方
  • 65歳 昭和30年4月2日から昭和31年4月1日生
  • 70歳 昭和25年4月2日から昭和26年4月1日生
  • 75歳 昭和20年4月2日から昭和21年4月1日生
  • 80歳 昭和15年4月2日から昭和16年4月1日生
  • 85歳 昭和10年4月2日から昭和11年4月1日生
  • 90歳 昭和5年4月2日から昭和6年4月1日生
  • 95歳 大正14年4月2日から大正15年4月1日生
  • 100歳 大正9年4月2日から大正10年4月1日生
  1. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(身体障害者手帳1級をお持ちの方又は1級相当の障害を有する方)

接種できる期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

接種回数

1回

接種できる医療機関

接種に必要なもの

以下のものを医療機関までお持ちください。

  1. 予診票
    上記対象者のうち、過去の定期接種を受けていない1.の方には3月末に案内とともにお送りします。
    年度途中に転入された、又はお手元に届かないという場合や、対象者2.の方で接種を希望される場合は、市役所健康課までお問い合わせください。
  2. 加古川市の住民であることが確認できるもの(健康保険証等)
  3. 健康手帳(あれば接種の記録を行います。ないと接種できないわけではありません。)

接種費用

1人1回4,000円

 任意接種を含め、過去に肺炎球菌ワクチンの接種を受けられた場合又は定期接種の対象年齢以外の方が接種を受けられる場合は任意接種となり、接種費用は全額自己負担となります。

接種費用の免除

 接種対象者のうち、生活保護の受給者又は市民税非課税世帯の方については、接種費用(4,000円)を免除します。接種時に以下のいずれかの書類を医療機関に提示することで接種料金が免除となります。

1. 最新の介護保険料段階(1~3段階まで)を確認できる通知書(介護保険料納付通知書、介護保険料決定(変更)通知書など)。窓口へ申請にお越しいただく必要はありません。

 2.  費用免除決定通知書(加古川市・稲美町・播磨町・高砂市・明石市の協力医療機関のみ利用可能)。必ず市役所健康課、各市民センター、東加古川市民総合サービスプラザにおいて接種前に申請をしてください。

 

申請受付期間:令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

  • 接種した後に接種費用の払い戻しはありません。

代理申請の際に委任状等が必要な方

 本人又は住民票上の同一世帯員以外の方が代理申請をする場合、委任状又は予防接種を受ける人の身分証明書(注釈)が必要です。下記に該当される方でも必要です。

  •  住民票上、別世帯の親族(同住所の親族でも、世帯が別の場合を含む)
  •  老人施設等に長期入所中の場合の同施設職員
  •  近所の人、友人、ホームヘルパー、ケアマネージャーなど

(注釈)身分証明書:免許証や健康保険証などの原本(コピー不可)

平成31年1月2日以降に加古川市へ転入された方

 平成31年1月2日以降に加古川市へ転入された方は、費用免除申請に必要な書類が異なる場合があります。申請前に市役所健康課へお問い合わせください。

特別な理由により、他市町村で予防接種を受ける場合

 加古川市に在住の方で、他市町村(加古川市・稲美町・播磨町・高砂市・明石市を除く。)の医療機関や施設等に入所中のため、滞在先の市町村で高齢者用肺炎球菌ワクチンの予防接種を受ける場合は、接種前に手続きが必要です。接種を希望される場合は、以下の「高齢者予防接種実施依頼書等発行申込書」に必要事項をご記入の上、市役所健康課まで郵送してください。介護保険料段階を確認できる通知書(見本)については、上記【接種費用の免除】欄をご確認ください。

書類の発送は約2週間かかりますので、余裕を持って申請してください。

 

送付先

〒675-8501 加古川市加古川町北在家2000番地
加古川市役所健康課 地域医療係

接種費用が発生する場合は、自己負担となります。

接種する医療機関の所在地である市区町村に、事前に接種方法などについてご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う接種期間の延長措置について

  令和元年度の高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種の対象者で、新型コロナウイルス感染症への罹患リスクを考慮し、接種予約をキャンセルするなどして受診を控えたことにより、やむを得ず期間内に接種ができなかった方について接種期間を延長できる場合があります。詳しくは、加古川市健康課(電話079-427-9100)までご相談ください。

  また、令和2年度の当該対象者で、同様の理由等により接種期間の延長を希望される方は、事前にご相談ください。

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種の経過措置期間が延長されました

  高齢者の肺炎球菌感染症の定期の予防接種は、平成26年10月より、原則65歳の方を対象として実施されるところ、平成30年度までの5年間は経過措置により、65歳以上の方に対しても5歳刻みの年齢になる方を定期接種として実施してきました。

  平成31年1月、国において今後の予防接種について検討がなされた結果、接種率(全国平均約40%)の視点等から、これまで接種を受けていない方への接種機会を引き続き提供するためとして、令和元年度から令和5年度までの5年間、経過措置が延長されることとなりました。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:健康課 地域医療係(本館2階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9100
ファックス番号:079-421-2063
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。