夏休みエネルギーエコ教室「ペットボトルでソーラーカーを作ろう!」を実施しました!

更新日:2019年12月23日

8月18日木曜日1時30分より、勤労会館にて、関西電力株式会社姫路支社の方々を講師にお招きして「ペットボトルでソーラーカーを作ろう!」を開催しました!

まずは電気に関するお話からです。「街や家の中で使われている電気について考えてみよう!」「家電製品を使うとき、どうやったら省エネに繋がるのかな?」など、関西電力の方の問いかけに、参加された子どもたちは元気よく答えていました。

ソーラーカーの作成が始まると、導線の配置や細かいパーツに戸惑う子どもたちでしたが、まわりの人に聞いたり、保護者の方と一緒に協力して作る姿が印象的でした。

また、発電体験コーナーでは、手回し発電機で電気を発生させ、ライトを光らせたり、音楽を流す等の体験をすることで、電気を作り出すことの大変さを体感すると同時に、電気を大切に使うことについて学ぶことができたと思います。

最後は、作ったソーラーカーにライトを当てて動かしてみました。光の力だけで走るペットボトルソーラーカーを見て、子どもたちは嬉しそうでした。この工作教室を通して、自然のエネルギーを電気に変える太陽光発電の素晴らしさや、省エネや地球温暖化を防止することの大切さについて、理解が深まったのではないでしょうか。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:環境政策課 環境衛生係(新館7階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9199
ファックス番号:079-422-9569
問合せメールはこちら
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。