国民健康保険への加入・喪失の手続き

更新日:2022年04月01日

職場の健康保険をやめたときや加入したときの郵送による届け出

職場の健康保険の喪失や加入に伴う、国民健康保険への加入や喪失の手続きは、国民健康保険異動届と手続きに応じた必要書類を郵送していただくことで受付可能です。
窓口の混雑回避のためにも郵送でのお手続きをご利用ください。

国民健康保険異動届の印刷と記入

 

国民健康保険への加入は、職場の健康保険の資格がなくなった日(資格喪失日)からしか手続きできません。(資格喪失日前の申請は受付できません。)

・ご提出いただいた後に内容確認のため電話で問い合わせをする場合があります。
 届出される人の電話番号(日中に連絡が取れる電話番号)を必ず記入してください。
・書類の不備がある場合は書類一式を返送することがあります。
 記入漏れや添付書類の不足がないか十分にご確認のうえ郵送してください。
・記入方法ほかご不明な点があれば、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

提出先

〒675-8501
加古川市加古川町北在家2000
加古川市役所国民健康保険課保険料係

保険証の送付

加入手続き時は受付後1週間程度で保険証を世帯主様宛に普通郵便でお送りいたします。

国民健康保険への加入・喪失

加古川市内にお住まいの人で、「職場の健康保険や後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護を受けている人」以外は、すべての人が国民健康保険に加入しなければなりません。

主な被保険者

  • 退職して職場の健康保険等をやめた人
  • お店等を経営している自営業の人
  • パートやアルバイトなどで職場の健康保険に加入できない人
  • 3か月を超えて日本に滞在すると認められた住民基本台帳に登録のある外国籍の人

国民健康保険の加入について

次のような場合は14日以内に届出が必要です。

※保険証は、加入者本人または世帯内のご家族の本人確認ができた場合のみ、窓口でお渡しします。本人確認ができるものを持ってきていなかったり、同じ世帯でない人が申請に来られたりした場合は、住民基本台帳に登録されている住所地に世帯主宛で郵送します。

職場の健康保険をやめたとき

国民健康保険への加入は、職場の健康保険の資格がなくなった日(資格喪失日)からしか手続きできません。(資格喪失日前の申請は受付できません。)

必要なもの
  • 職場の健康保険の資格喪失年月日のわかるもの
    例:健康保険資格喪失証明書、任意継続被保険者証等
     
  • 窓口に来た人の本人確認ができるもの
    【1点でよい本人確認書類】
    1.運転免許証(仮運転免許証を含む。国際運転免許証を除く。)、 旅券 、船員手帳、 海技免状、 戦傷病者手帳、猟銃・空気銃所持許可証、 宅地建物取引士証、 電気工事士免状、 認定電気工事従事者認定証、 特種電気工事資格者認定証、 耐空検査員の証、 航空従事者技能証明書、運航管理者技能検定合格証明書、 動力車操縦者運転免許証、小型船舶操縦免許証、教習資格認定証、 検定合格証(警備員)、 無線従事者免許証、身体障害者手帳、療育手帳、国または地方公共団体の機関が発行した写真付の身分証明書(職員証(生年月日のあるもの)、学生証(公立に限る)等)、在留カード(顔写真入りのもの)、特別永住者証明書(顔写真入りのもの)、住民基本台帳カード(顔写真入りのもの)、運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る)、一時庇護許可書、仮滞在許可書、マイナンバーカード

    【2点必要な本人確認書類】
    2.健康保険の被保険者証、各種年金証書(手帳・基礎年金番号通知書)、恩給証書、介護保険被保険者証、生活保護受給者証、各種医療証、高齢受給者証、後期高齢者医療被保険者証、在留カード(顔写真の無いもの)、特別永住者証明書(顔写真の無いもの)、住民基本台帳カード(顔写真の無いもの)、国または地方公共団体の機関以外が発行した写真付の身分証明書(社員証、学生証(公立を除く)等)、国または地方公共団体の機関が発行した写真付の資格証明書(1.に掲げるものを除く)、またこれらと同等の書類

    国民健康保険被保険者証等の交付(再交付)に必要な本人確認書類(PDFファイル:92.1KB)

  • 世帯主及び手続きが必要な人全員分のマイナンバーのわかるもの
     

生活保護を受けなくなったとき

必要なもの
  • 生活保護廃止通知書
     
  • 窓口に来た人の本人確認ができるもの(「職場の健康保険をやめたとき」と同様)

    国民健康保険被保険者証等の交付(再交付)に必要な本人確認書類(PDFファイル:92.1KB)

  • 世帯主及び手続きが必要な人全員分のマイナンバーのわかるもの
     

他の市区町村から転入してきたとき
(前住所地で国民健康保険に加入していた場合)

必要なもの
  • 所得が確認できる資料
    例:所得・課税証明書、源泉徴収票、確定申告の控など
     
  • 以前にお住まいの市区町村の転出届
     
  • 窓口に来た人の本人確認ができるもの(「職場の健康保険をやめたとき」と同様)

    国民健康保険被保険者証等の交付(再交付)に必要な本人確認書類(PDFファイル:92.1KB)

  • 世帯主及び手続きが必要な人全員分のマイナンバーのわかるもの

    (前住所地で国民健康保険に加入していた人は、市民課での受付・交付になります)
     

子どもが生まれたとき

必要なもの
  • 同一世帯員の国民健康保険被保険者証
     
  • 出生証明書
     

加入の届出が遅れると

保険料は、加入の届出をした月からではなく、国民健康保険の資格を得た月の分から納めていただきます。加入の届出が遅れるとその月までさかのぼって保険料を納めていただいたり、適切な給付が受けられなかったりする場合があるのでご注意ください。

 

国民健康保険の喪失について

次のような場合は14日以内に届出が必要です。

職場の健康保険に加入したとき

必要なもの
  • 手続きが必要な人全員分の職場の保険証
     
  • 手続きが必要な人全員分の国民健康保険被保険者証
     
  • 窓口に来た人の本人確認ができるもの(「職場の健康保険をやめたとき」と同様)

    国民健康保険被保険者証等の交付(再交付)に必要な本人確認書類(PDFファイル:92.1KB)

  • 世帯主及び手続きが必要な人全員分のマイナンバーのわかるもの
     

生活保護を受け始めたとき

必要なもの
  • 生活保護決定通知書
     
  • 手続きが必要な人全員分の国民健康保険被保険者証
     
  • 窓口に来た人の本人確認ができるもの(「職場の健康保険をやめたとき」と同様)

    国民健康保険被保険者証等の交付(再交付)に必要な本人確認書類(PDFファイル:92.1KB)

  • 世帯主及び手続きが必要な人全員分のマイナンバーのわかるもの
     

他の市区町村へ転出するとき

必要なもの
  • 手続きが必要な人全員分の国民健康保険被保険者証(市民課での受付になります)

死亡したとき

必要なもの
  • 亡くなった人の国民健康保険被保険者証

国民健康保険の加入者が死亡したときは、喪主に葬祭費が支給されます。手続きの方法・必要な書類等は、葬祭費の支給のページをご覧ください。

 

やめる届出が遅れると

保険証が手元にあるため、うっかりそれを使って医療を受けてしまった場合、国民健康保険が負担した医療費はあとで返していただきます。
また、ほかの健康保険に入ったとき国民健康保険をやめる届出をしないと、保険料を二重に納付してしまうことがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:国民健康保険課 保険料係(新館1階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9229
ファックス番号:079-424-1371
問合せメールはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。