セルフメディケーションとOTC医薬品の普及について

更新日:2020年10月06日

セルフメディケーション

セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」です。

※WHO(世界保健機関の定義)

健診などで自分の身体の状態を定期的に把握することや、軽い体調不調には、市販薬(OTC医薬品)を活用して自分自身の健康維持や病気の予防・治療にあたることもセルフメディケーションの一つです。

セルフメディケーション税制

特定の市販薬を年間一定金額以上購入した場合に、従来の医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制があります。

手続きに関することは市民税課 個人市民税第1係(079-427-9163)までお問い合わせください。

 

OTC医薬品

OTC医薬品とは薬局やドラッグストアで購入できる医薬品です。

1 一般用医薬品:医師による処方箋なしに購入できる医薬品

2 要指導医薬品:医師による処方箋は必要ないが、薬剤師からの説明、指導が義務付けられている医薬品

一般用医薬品及び要指導医薬品のうち、医療用(医師によって処方される医薬品)から転用された医薬品はスイッチOTC医薬品とよばれています。

購入する際には、薬剤師などに相談の上、日々の健康管理にお役立てください。

※OTCは英語の「Over The Counter (オーバー・ザ・カウンター)」の略で、カウンター越しに購入できるものを意味しています。

関連サイト

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:国民健康保険課(新館1階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9188
ファックス番号:079-424-1371
問合せメールはこちら