現在の位置

東加古川駅周辺整備事業

更新日:2015年4月30日

事業概要

 

 加古川市では、JR東加古川駅周辺地域を副都心として位置付けし、特に「文教・都市型商業アミューズメント拠点」として、高次都市機能の集積及び若者の集う、賑わいのあるまちをめざしています。

 駅舎及び駅周辺の整備は、自由通路及び駅北・駅南広場、アクセス道路の整備により移動の円滑化を図るとともに、バリアフリー化を推進することによって、だれもが安心して利用できるまちづくりを行います。

 

 

 

  • 自由通路: 延長 46メートル、幅員 6メートル
  • 駅北広場: 4,000平方メートル
  • 駅南広場: 3,400平方メートル
  • 新在家高畑線: 幅員 18メートル
  • 東加古川駅北線: 幅員 16メートル

 

 東加古川駅は昭和36年に市民の要望、特に平岡町新在家の住民の要望ということで、請願駅として地元の用地の無償提供等の協力の上、設置されました。

 その後、周辺は工場の誘致や住宅の建設が続き、急速に発展しました。

 当時の国鉄は貨物駅としての整備計画をたて、用地買収を行いましたが、結局実現することはありませんでした。その用地は、阪神・淡路大震災のとき仮設住宅用地として利用され、現在明日都つつじ野として宅地開発されています。

 

 地域の発展に伴い、「駅北口の開設を」という地元の強い思いから、市・国・県・JR西日本(国鉄時代を含む)・地元との間 で数々の協議を重ね、また、市及び地元からJR西日本(国鉄時代を含む)へ度々の陳情・要望を行い、ようやく平成18年度には橋上駅舎の開業という運びと なりました。

 

 駅の自由通路と駅舎は、一体で橋上駅舎として整備し、印南野台地のシンボルである「ため池」をイメージした曲線を活かし、南北の人の交流と、副都心としての飛躍への願いを込め、「虹」をコンセプトにデザインされています。

 駅の北側は文化教育ゾーンをイメージして温かみのある木目調に、南側は商業ゾーンであることから、シャープなステンレス調のデザインとしています。

 

 

 開業当時(昭和36年)

    平成17年時

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:市街地整備課(新館5階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9278
ファックス番号:079-422-8192
問合せメールはこちら
  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード