現在の位置

救急業務協力者感謝状贈呈式を行いました

更新日:2018年10月4日

勇気ある行動で隣人を救命~救急業務協力者へ感謝状贈呈~

【勇気ある行動で人命を救う】

 人命救助活動に貢献した市在住・在勤の皆さんに、中央消防署と東消防署から感謝状を贈呈しました。

 6月、JR加古川駅構内で30代女性が倒れ、女性を発見した駅員と市民の皆さんが協力し、119番通報、胸骨圧迫、AEDによる電気ショックを分担して行いました。 また、同月、別府町では80代女性が庭木の剪定中に倒れ、これに気付いた隣人男性が駆けつけ、119番通報や胸骨圧迫を行いました。結果、いずれの事案も、救急車到着前の応急手当が功を奏し、2人は無事に回復、社会復帰しています。

 JR加古川駅は、消防本部が認める「救命サポートステーション」に登録しています。AEDを常備し、心肺蘇生の知識・技術を持った職員がいるなど、安全のために普段から取り組まれています。

 現場に居合わせた人(バイスタンダー)の勇気ある行動が人命救助につながります。心肺停止状態になった人の脳は、呼吸が止まって数分で低酸素状態になり、5分ほどで救命率は約20%になります。

 救急隊が到着するまでの平均8分の間に正しく胸骨圧迫などの応急手当が行われるかどうかが救命率に大きくかかわっているのです。いざという時の知識と技術を身に付け、勇気を持って行動してください。




中央消防署長から駅利用客の救命にあたられたJR職員の方々に、感謝状が贈呈されました。




東消防署長から隣人の救命にあたられた男性に、感謝状が贈呈されました。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:消防本部救急課(消防庁舎5階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-6552
ファックス:079-424-0530
問合せメールはこちら
  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード