現在の位置

石油暖房機器への誤給油に注意して下さい!!

更新日:2017年12月29日

誤給油による火災が増えています!

 ガソリンや軽油を灯油と間違えて石油ストーブや石油ファンヒーターに給油する事例がおきています。

家庭での誤給油

 もし、石油ストーブや石油ファンヒーターのタンクに灯油ではなく、ガソリンを入れてしまうと、ガソリンは灯油よりも揮発性が高いことから、燃焼しているうちにガソリンが揮発し、タンク内部の圧力が時間の経過とともに高まります。そのため、ガソリンが外部に漏れだして引火し、石油暖房機器が炎に包まれてしまいます。室内で使用していることが多いことから、炎が周囲に延焼する危険性があります。

誤給油

※写真については総務省消防庁ホームページより。

誤給油を防ぐには

・給油する前に燃料の色を確認する。(灯油は無色透明ですが、ガソリンは赤い色が付いています。)

・家庭の中で他の油と灯油の保管場所を変える。

・ガソリンは専用容器で保管する。

・家族全員がこれらを守る。

注意文

注意文

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:中央消防署
郵便番号:675-8522
住所:加古川市加古川町本町194
電話番号:079-427-0119
ファックス番号:079-420-9530
問合せメールはこちら
  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード