現在の位置

特定不妊治療費助成事業

更新日:2018年4月2日

特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療とは

   特定不妊治療とは、不妊治療のうち体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)になります。

   治療には、高額な医療費がかかり、身体的負担はもとより精神的・経済的にも負担が大きくかかります。

   そこで加古川市では、平成28年4月1日から体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)に要する費用の一部を助成し、不妊治療を行う夫婦を支援します。

   この制度を利用するには、兵庫県が実施している兵庫県特定不妊治療費助成事業を利用した後に申請してください。加古川市特定不妊治療費助成事業申請の受付期間は、県の決定した日から6ヶ月以内となります。

  助成対象者

※次の1から6のすべてに該当する夫婦

1 体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)を受けていること。

2  該当する治療期間(平成28年4月1日以降に治療を開始した者に限る)及び申請日に加古川市に住所を有する法律上の婚姻をしている夫婦であること。

3  治療開始日の妻の年齢が、43歳未満であること。

4  兵庫県要綱に基づく助成を受け、かつ他の地方公共団体から助成を受けていないこと

5  国民健康保険、その他の医療保険に加入していること。

6  市税を滞納していないこと。

助成額及び回数

医療保険が適用されずに支払った費用のうち、1回当たり10万円を上限に助成します。 (兵庫県の1回当たりの助成額を控除した額)

なお、治療の内容(県要綱 別添図C及びF)によっては、5万円を上限に助成します。

初めて助成を受ける治療の開始日の妻の年齢が

        [40歳未満の方]  通算6回まで

        [40~42歳の方]  通算3回まで

受付期間   県の決定を受けた日から起算して6か月以内
指定医療機関

各都道府県・指定都市・中核市が指定している医療機関(指定医療機関一覧)  ※表の下にある厚生労働省不妊に悩む方への特定治療支援事業指定医療機関一覧をクリックしてください。

申請関係書類

1 加古川市特定不妊治療費助成事業申請書

2  兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し

3 兵庫県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し又は加古川市特定不妊治療受診等証明書

4 指定医療機関が発行した領収書

5 ご夫婦それぞれの健康保険証の写し

6 市税確認承諾書(ご夫婦分)

7  振込み口座が確認できるもの、印鑑2個

支給方法   申請書等を審査し、承認したときは口座振込みにより支給します。

 

加古川市特定不妊治療費助成事業申請書(PDF:81.8KB)

加古川市市税確認承諾書(PDF:45.7KB)

厚生労働省 不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧

兵庫県不妊・不育専門相談、男性不妊専門相談

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:育児保健課(本館1階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9217(訪問指導係)
079-427-9216(母子保健係)
問合せメールはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード