現在の位置

幼児教育の無償化について(新制度未移行幼稚園)

更新日:2019年9月4日

10月から幼児教育・保育の無償化がスタート

令和元年10月1日から幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子供たち、 住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子供たちの利用料が無償化されます。

※「新制度未移行幼稚園」とは、子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園や国立大学附属幼稚園をいいます。

内閣府のホームページは下記のとおりです

幼児教育・保育の無償化 特設ホームページはこちら(外部サイト)

内閣府子ども・子育て本部 幼児教育・保育の無償化HP(外部サイト)

対象者・利用料

  • 新制度未移行の私立幼稚園については月額上限25,700円(国立大学附属幼稚園については8,700円)まで無償化されます。
  • 通園送迎費、食材料費、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。
  • 無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
    (注)幼稚園については、入園できる時期に合わせて、満3歳から無償化します。
  • 幼稚園において満2歳児を対象としたいわゆるプレスクール(プレ保育)については、一律に幼児教育・保育の無償化の対象とはなりません。ただし、施設から一時預かり事業や認可保育施設としての届出がある場合については、保育の必要性が認められる住民税非課税世帯の子ども(新3号)は施設等利用給付の対象となります。

無償化の対象となるには認定申請が必要です

無償化の対象となるには、お住まいの市町村に「子育てのための施設等利用給付認定申請書」の提出が必要です。

(1)新制度未移行幼稚園のみを利用する(預かり保育を利用しない)場合【新1号】

子育てのための施設等利用給付認定申請書(法第30条の4第1号)(PDF:96KB)

 

(2)保育の必要性の認定に該当し、新制度未移行幼稚園に加えて、預かり保育を利用する場合【新2号・新3号】

幼児保育課のページへ(幼児教育・保育の無償化について)

 

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:学務課(新館8階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9343
ファックス番号:079-421-4422
問合せメールはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード