現在の位置

西っ子のページ

更新日:2018年11月14日

西っこフェスティバル大繁盛!

 「西っ子活動」の年に一度のビッグイベント「西っ子フェスティバル」を行いました。子どもたちが、お店の人とお客さんに分かれて、いろんな出し物を楽しみました。またヴィラ播磨のおじいさん、おばあさん、しかたこども園、ゆき保育園の皆様をお招きして、子どもたちがご案内しました。お客様を楽しませてあげること、6年生がおじいさんおばあさんをご案内すること、1年生、2年生の子どもたちが、この日はおにいさん、お姉さんになって、弟、妹を案内してあげること。出し物を楽しむ以外に、自分たちが誰かの役に立てる存在なんだっていうことを実感できること、そんなよさがこの西っ子フェスティバルにはあるんだと思います。

さあ、はじめましょう!
   
1円玉落とし
    
もじならべ
    
シャッフルゲーム 10を当てるゲーム
    
ボールでまとあて
    
ふうせんパタパタゲーム
    
箱の中身は何でしょう
    
 

   

   

 

ゴミを減らそう!

4年生は社会科でわたしたちのくらしについて勉強しています。市役所の担当の方に来ていただいて、加古川市のゴミの処理について教えていただきました。加古川市ではどんなものがゴミになっているのか、どれくらいの量のゴミが出されているのか、そのたくさんのゴミを少しでも減らして、資源を大切にするためにはどうしたらいいのかというお話を聞かせていただきました。教えていただいたことをいっぱいノートに書きました。

   

1・2年生がヴィラ播磨を訪問しました

11月2日、1年生と2年生がヴィラ播磨を訪問して、おじいさん、おばあさんたちと交流しました。音楽会の歌を歌ったり演奏したり、お話をしたり、プレゼントを渡したりしました。とっても喜んでいただきました。もしかすると子どもたちはおじいさんおばあさんたちがどうして喜んでくださるのか分からないかも知れません。でも自分たちが人のために何かをしてあげられる、人に喜んでもらえる大切な存在なんだっていうことを少しでも感じてくれていたらうれしいなって思います。

音楽会で歌った歌を聞いていただきました。 鍵盤ハーモニカも演奏しました。 「おじいさん、おばあさん、一緒に歌ってください。」 みんなで「ふるさと」を歌いました。
自己紹介をしてお話をしました。 「よく、来てくれたねー。ありがとう。」 プレゼントの折り紙を渡しました。 「また来るねー。」

 

パソコンでよその学校の友だちとお話

コンピュータのネットワーク通信を使って、よその学校の友だちとつながりあって、お話をすることができます。この日はあおぞら学級の子どもたちが、志方東小学校の友だちと交信しました。12月の合同行事のときの、出し物練習や準備するものの相談をしました。よその学校の友だちの顔を、大きなテレビ画面で見ながらお話するので、すぐ近くにいるような気持ちでお話しできました。

   

「花いっぱい運動」次のお花はガーデンシクラメンです。

 「えがお日本一」が児童会の目標です。みんなが笑顔になるように、子どもたちがいろんなことを校内でしてくれています。子どもたちが地域も笑顔にしようと、お花を植えたプランターを地域のあちこちに置かせていただいています。保護者の皆様、地域の皆様にもお世話になって、今年の暑い夏を乗り切ることができました。秋になって、次のお花を植えるのに、地域の皆様にもお声かけをしました。たくさんの方が集まってくださって、子どもたちと一緒に苗の植え付けを手伝ってくださいました。苗を買うお金は、皆様に寄付していただいた「ウェルピーポイント」を使わせていただきました。皆様にしていただいたボランティアを、お花に変えて地域に届けられたらいいなって思います。

たくさん集まってくださって心強いです。 プランターに土を入れて準備をしましょう。 お手伝いの皆さんはお花のプロ。上手だなー。 ペアになって、植え方を教えていただきました。
「色の組み合わせはこれでいいかなー。」 きれいに植えられました。 記念写真をパチリ。ありがとうございました。 ウェルピーポイントをパチリ。ありがとうございました。

 

5年生「脱穀」体験。お米ができました。

 10月30日(火曜日)、稲刈りに続いて、5年生が「脱穀」の体験をさせていただきました。天日干しした稲を脱穀の機械に入れると、袋にお米がたまっていきます。子どもたちは収穫の喜びのようなものを感じてくれたのではないかって思います。「ふれあい農園」の皆様には、一年間大変お世話になりました。いただいたお米を炊いて、「感謝の会」を開きます。

稲。よく乾燥して、軽くなっています。 みんなでどんどん運びましょう。 ここからそーっと入れてね。 みんなでどんどん入れましょう。
上手に入れてるよ。その調子。 脱穀されて、ワラだけが出てきます。 袋がこんなにいっぱいになってきました。 重たかったー。うれしい重さです。

 

ふれあい音楽会、応援ありがとうございました。

 10月27日(土曜日)、ふれあい音楽会にたくさんお越しいただき、拍手とご声援をいただき、ありがとうございました。児童数の少ない本校では、曲づくりのうえで一人一人の果たす役割が大きくなります。音楽会で歌や演奏をご披露できたということは、それだけ一人一人が自分の役割をしっかり果たせるように、練習をがんばってくれたということでもあります。子どもたちのひたむきな気持ちが乗った音楽を、幸せな気持ちで聴かせてもらいました。

全校斉唱 「さあ はじめよう」
  
3年生  リコーダー奏「レッツゴー ソーレー」  斉唱「チャレンジ」  合奏「ボレロ」
   
 1年生  合唱奏・鍵盤奏「小さな世界」
   
5年生  合唱「地球はまわる」  合奏「彼こそが海賊」
   
金管バンド  「サザエさんメドレー」
   

2年生  斉唱「ステップ スキップ ジャンプ」 合奏・鍵盤奏「茶色の小びん」

   

4年生 リコーダー奏「アラ ホーン パイプ」  合唱「スマイル アゲイン」  合奏「ルパン三世」

   
6年生 手話唱「あなたに会えて…」  合奏「行進曲 威風堂々」
   
みんなで歌おう「ふるさと」「きっと ありがとう」
   

 

イチジクジャムができました

 10月17日(水曜日)、3年生がイチジクジャム作りを体験させていただきました。そのまま食べてもとってもおいしい志方ブランドのイチジクを使って、ジャムを作りました。とってもおいしそうにできました。食べるのが楽しみです。ありがとうございます。

みなさん、がんばっておいしいジャムを作ってくださいね。 おいしそうなイチジク。まずはジャブジャブ水洗い。 こうやって持って、猫の手で切りましょう。ゆっくりね。

弱火にして、しゃもじで混ぜましょう。交代でね。

お砂糖を入れて、とろとろにしましょう。甘くておいしいよ。 クエン酸を入れると、こんなきれいな赤い色になったよ。 ビンに入れていきましょう。熱いから気をつけてね。 お水で冷やしてできあがり。お土産におうちに持って帰ろう。

 

修学旅行 楽しかったー!

 10月12日(金曜日)~13日(土曜日)、6年生が修学旅行に行ってきました。お天気にも恵まれ、気持ちのいい気候の中、とっても楽しい二日間を過ごしました。わきまえを持って、清々しくはしゃぐ子どもたちを見ていることがとても幸せでした。この二日間の旅行が、子どもたちのよい思い出になりますように。

お見送り、ありがとう。行ってきます。わくわくする。 お弁当の中におうちの人からの手紙が。ちょっと感動。 外国の方にインタビュー。結構英語が通じたよ。 広電の方に戦争のことをお話をしていただきました。
広島カープのもとピッチャー高橋さんはやさしいおじさんだった。 広電に乗って、フェリー乗り場へゴー。電車合ってるのかな。 フェリーが気持ちいい。眺めも最高。海の大鳥居が近くに見えた。 干潮の時は大鳥居まで歩いて行ける。とっても大きかった。
五重塔発見。朱い色がとってもきれい。次はお買い物だー。 お土産をいっぱいいっぱい買った。今年はアイマスクがブーム? 部屋で友だちと過ごすのが楽しい。畳は寝っ転がれて最高。 スープから始まるおしゃれな晩ご飯。お腹いっぱいになった。
厳島神社を探検。秘密をいっぱい見つけてミッションクリア? もみじ饅頭を手作り。できたてはうまい。焦げたのもまたうまい。 平和記念資料館は衝撃的な展示だった。しおりにいっぱいメモ。 原爆ドームはそこだけ時間が止まったみたいだった。
原爆の子の像の前でセレモニー。千羽鶴を奉納しました。 広島焼き、おいしかったー。完食。ごちそうさまでした。 広島城も探検。戦国時代の衣装を着せてもらったよ。 再び広電に乗って、集合場所へ。名残惜しいなー。

 

5年生が稲刈りをさせていただきました

 10月10日(水曜日)、ふれあい農園の皆様にお世話になって、今年も5年生が稲刈り体験をさせていただきました。春に田植えをさせていただいた田に、秋になったらいっぱいのお米が実りました。もともとは小さな一粒の種もみから、こんなにたくさんのお米が実ったのがとっても不思議です。命が続いていることの不思議さや、食べ物を作るというお仕事のかけがえのなさをしっかり感じてほしいなって思います。

片手で根元をしっかり持ってね。 束を重ねて置きましょう。根元をそろえて。 うおー。頑張っています。とても速い! ついに反対側まで刈りました。開通!
こうやって藁でくくっていくんだよ。 根元をそろえて、ほどけないように、しっかり。 こうやって、最後はクルクルっとね。 見よ!この手つきのよさを!
くくれたら、稲木にかけて干すよ。 稲束を二つに割って竹竿にひっかけて… 2階建てにして稲束をひっかけていきます。 稲刈りの後の田。すっきりきれい。
案山子にお米の番をお願いします。 焼き芋を用意してくださいました。 焼きたてで、甘くておいしーい! お世話になりました。ありがとう。

 

6年生「原爆の語り部」の方にお話していただきました

 10月3日(水曜日)、今年も加古川市にお住まいの「加古川市原爆被爆者の会」の方に来ていただいて、広島、長崎の原爆についてお話をしていただきました。実際に経験された方の生のお話は、本などで勉強することとは、伝わってくるものが違います。原爆や戦争を二度と繰り返してはならないというメッセージを、しっかり受け取ってくれたと思います。今年も子どもたちは、聞いたお話を、いっぱいいっぱいノートにメモしていました。修学旅行は広島に行きます。楽しい思い出もいっぱいつくってほしいし、平和についての学習もいっぱいしてきてほしいなって思います。

   
   

 

「西っ子給食」おいしかったよ

 10月3日(水曜日)に「西っ子給食」をしました。異学年混合の「西っ子活動」のグループで給食を食べました。一年間通じて活動している「西っ子活動」の中で、一年に一度「西っ子給食」をしています。志方西小学校の子どもたちは、学年を越えて仲良しのところも自慢です。大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんたちが、小さい弟、妹にやさしくしてくれます。そしてお兄ちゃん、お姉ちゃんたちのそんな姿を見ている弟、妹たちが、自分たちがお兄ちゃん、お姉ちゃんになったときに、同じようにやさしくしてくれます。このことをいつまでも大切にしたいなって思います。

   
   

 

イチジクの収穫 とっても甘くておいしそう!

 9月25日(火曜日)、3年生がイチジクの収穫体験をさせていただきました。夏が暑かったり、雨が降らなかったり、台風が来たり、雨が続いたり…。そんな一年でしたが、今年も立派でおいしそうなイチジクがたくさん実りました。イチジクを育てておられるおじさんたちの名人の技がすごいです。おいしくて有名な志方のイチジクは大人気です。加古川や姫路の卸売市場に出荷されて、あちこちのお店で売られます。そんなブランドのイチジクを収穫、パック詰めさせていただいて、お土産にいただきました。子どもたちは大喜びです。お家へもって帰っていただきます。ありがとうございます。

立派なイチジク。おいしそう! 今日は収穫です。がんばってね。 こういう実をこんなふうに取るんだよ。 これがいい。これがおいしそう。
おいしそうなイチジクゲット! 甘くていいにおいがするよ。 いっぱい取らせていただきました。 ぼくに任せろ!
おいしそうなイチジクがいっぱい。 こういうパックに詰めて出荷するんだよ。 だいたい1パック400グラムになるようにね。 おみやがもらったー!やったー!

 

3年生がお店の勉強に行かせていただきました

 9月20日(木曜日)、3年生がお店の工夫を見つけにスーパーマーケットの見学に行かせていただきました。大繁盛のお店の工夫をいっぱい発見してきました。

 

志方3小学校合同自然学校

 今年も志方3小学校の子どもたちが合同で自然学校に行ってきました。アサヒロッジでお世話になるようになって3年目です。普段の生活では経験できない「高原」での生活を5日間楽しみました。そして各小学校だけの普段の生活では体験できないような大勢の同級生との生活を経験しました。クラス替えのない子どもたちが経験できない「新しい友だち」との集団づくりをしました。新しい集団の中で、これまでの自分をリセットして新しい自分になり、新しい友だちと新しい人間関係をつくり、集団の中で自分の居場所をつくっていくという体験は、将来必ず子どもたちに必要になってくる力だと思っています。こんな体験をこれからもたくさんさせてあげたいな、させてあげられたらいいなって、そう思います。

1日目【9月10日(月曜日)】

学校出発  入所式  館内オリエンテーリング  しょうちゃんゲーム  肝だめし

     

2日目【9月11日(火曜日)】

お弁当作り  基地づくり  食材探しゲーム  野外炊飯(牛鍋)  家族への手紙

      

3日目【9月12日(水曜日)】

鉢伏山登山  基地づくり  ペンダントづくり  野外炊飯(カレー)  ボンファイヤー

      

4日目【9月13日(木曜日)】

カートンドッグづくり 食材探しゲーム 基地解体 野外炊飯(焼きそば) アマゴつかみ ウォータースライダー グループ制作 キャンドルファイヤー

      

5日目【9月14日(金曜日)】

アサヒの森で遊ぼう  シャーベットづくり  退所式

      

 

案山子さん、お米をよろしく

 5年生がお米作り体験をさせていただいている田んぼの稲が実りはじめています。今年も5年生の子たちが、自分たちで作った案山子を立てました。お米が実って収穫できるのが楽しみです。それまで、お米を大事に案山子に守ってもらいたいです。

動かないようにしっかり持っててよー。 おーい、ロープちょうだーい。 杭に案山子をくくりつけます。 いい感じにできたんじゃない。
この案山子、けっこう男前。 5人の案山子を立てました。 僕の植えたお米が大きくなってる。 では案山子さん、お米をよろしくねー。

 

夏休みの力作がいっぱい

 9月5日(水曜日)~6日(木曜日)、「夏休み作品展」を行いました。夏休みの工作や自由研究がいっぱい集まりました。かわいい工作、よく考えて工夫して作ってある工作、おもしろい形の工作、迫力のある工作…、おもしろいテーマの研究、よく調べたなーと思う研究、「へー、そうなんだー」と思う工作、子どもたちのいろんな思いの詰まったいろんな作品の中にいるのはとっても気持ちよかったです。たくさん見に来ていただいて、ありがとうございました。

 
   

 

スリランカの学校と英語で交流

 スリランカでお仕事をされている方にお手伝いをしていただいて、スリランカの学校の子どもたちと交流しました。インターネット回線を通じて、スリランカから映像と音声が送られてきました。こんなことが普通にできる時代になったんだなーとしみじみ思いました。当日は6年生の子たちが、これまで勉強してきた英語の腕試しをしました。けっこう通じて、お返事を返してもらうと嬉しかったです。相手先の学校の子どもたちは16才から17才でちょっとお兄さん。日本語を勉強しているクラスの子どもたちです。日本のことを紹介したり、スリランカのことを教えてもらったり、それぞれの国の歌を歌ったりして、楽しく交流ができました。英語を使って外国の人とお話をすること、外国のことを直接その国の方から教えていただくこと、日本のことを外国の方たちに伝えていくこと、そんな交流をこれから続けていきたいです。第2回目は9月の予定です。とっても楽しみです。

テレビ画面にスリランカの子たちや先生が… 感動! 声も聞こえるよ。私たちも映ってるよ。すごいね。 「ハロー。マイネームイズ…」自己紹介が通じたよ。また感動。 スリランカの日本語クラスのお兄さん。日本語がすごく上手。
日本のことを紹介しました。これは日本語でね。 姫路城やお侍のことをお話しました。かっこいいでしょ。 リクエストがあったので、校歌を熱唱。歌のお返しもありました。 盛り上がりました。また次に会えるのを楽しみにしてるよー。

 

ため池のことをいっぱい勉強しました

 7月17日(火曜日)、4年生がため池のことについて、その歴史や役割、生物の環境などについて学習しました。今年も地域の方来ていただいて、地域のため池のことについてお話をしていただき、県民局の方にため池の役割や歴史のお話をしていただき、姫路植物園の館長様にため池の生物や環境について教えていただきました。毎年ため池まで行って、そこに実際にいる動物や植物を見ながらいろんなお話をしていただいています。今年も大池まで行って池の環境についてお話をしていただいました。池の堤の上は、涼しい風が吹いていて快適でしたが、当日は猛暑。とても暑かったので、早々に切り上げて車で学校まで移動。クーラーの効いた涼しい部屋で続きのお話をしていただきました。この地域のため池では、絶滅危惧種のような珍しい動物や植物がけっこう見つかることや、外来種と言われる外国から来た動物や植物がもともとの環境を崩していることなどを教えていただいて、環境を守ることの大切さを感じました。

地域のため池の専門家のおじいさんに来ていただきました。 毎日みている池だけど、知らないことがいっぱいありました。 次は県民局の方のお話です。ため池って大事なんだなー。 ため池探検隊、出発!!暑いけどがんばれ~。
ジャンボタニシの卵を発見。卵はお水の中では生きられないそうです。 大池に到着。出水口が田んぼに水を送っていました。 堤上は風がそよそよ。涼し~い。でも早めに退却。 クーラーの効いた部屋でお話を聞きました。涼し~い。

 

3年生「高御位山物語」「大藤山物語」

 7月13日(金曜日)、志方紙芝居ボランティアの皆様に、3年生が紙芝居を見せていただきました。「高御位山物語」と「大藤山物語」の2つのお話をしていただきました。3年生は地域の自慢を見つけてまとめる勉強をしています。高御位山や大藤山はこの地域の自慢のひとつです。紙芝居を見せていただいて、この山には、そしてこの地域には、自分たちが知らない「歴史」や「伝承話」がまだまだたくさんあることが分かりました。初めて知ったことをいっぱいノートに書きました。たくさんたくさん書いたので、ボランティアの方に褒めていただきました。

「こんにちは。」「よろしくお願いします。」 拍子木を鳴らして、紙芝居の始まり始まり~。

初めは「高御位山物語」です。

真剣な表情で一生懸命に聞いています。
2つめは「大藤山物語」です。 どちらも毎日見ている自慢のお山です。 分かったことをどんどん書いていきます。 いっぱい勉強になりました。ありがとうございました。

 

大きい大きい志方西大仏が描けました

 6月22日(金曜日)はオープンスクールでした。6年生は運動場に実物大の大仏様を描きました。運動場にマス目を引いて、分担したマスの中に、設計図を見ながら線を引いていきます。大仏開眼供養もして、志方西大仏が完成しました。描きながら大仏様の大きさを実感しました。手のひらに乗れてしまうくらい大きな大きな大仏様でした。実物の大仏様に会いたくなりました。保護者の皆様、応援ありがとうございました。

ロープでマス目を引きました。さあ、みんなで描こう! 設計図を見ながら、マス目の中に線を引いていきます。 えーっと、この線がこう来て、隣のマス目にこうつながって… まだ、何を描いているのかよく分かりません。
線が引けたら、その上にラインパウダーをのせていきます。 白い線がたくさん引かれていきます。みんな頑張れ! こんな感じだったのが… だんだん大仏らしく見えてきました。すごい。拍手!
これは大仏の手。大きーい! これは蓮の花びら。大きーい! これは大仏の顔。大きーい! 先生も頑張っています。もうちょっとで完成。頑張れ!
お母さんたちは高いところから応援。ここだと大仏の全体が見えます。 やったー。線が引き終わりました。 目を入れて、大仏開眼供養式。これで魂が入りました。 やったー完成!記念写真をパチリ。

 

3年生イチジク栽培 おいしい実がなりますように

 6月18日(月曜日)、3年生がイチジク栽培の大切な作業、「誘引」作業を体験させていただきました。雨で何度も延期していただきました。ありがとうございました。いい実がたくさんなるように、伸びてきた枝にひもを絡ませて枝を伸ばしていきます。まだ細くて柔らかい枝なので、傷めないように慎重に作業しました。おいしい実がいっぱいいっぱいなりますように、一生懸命作業しました。あまーい、おいしーいイチジクを食べるのが楽しみです。

   
   

 

5年生田植え 泥んこが楽しかったよ

 

 6月13日(水曜日)、5年生が田植え体験をさせていただきました。機械化が進んだ現在では、代掻きの終わった田に足を入れて、手で稲の苗を植えるということが貴重な体験になっています。もちろん子どもたちにとっても初めての体験です。はじめは泥んこの田の感触に大騒ぎしていましたが、植え方を細かく丁寧に教えていただいて、結構早く植えました。もっと植えたいと子どもたちが言って、空いているところを少し追加して植えさせていただきました。めったにできない貴重な体験をさせていただきました。ふだん子どもたちが眺めている田んぼの稲がどんなに大切に育てられているかということ、自分たちのまわりにお米作りのお仕事をこんなに頑張っておられる方たちが、こんなにたくさんおられること、食料生産というお仕事の大切さ、この地域のよさ、自分たちが地域の方たちに大切に思っていただいていることを、子どもたちに感じてもらいたいです。

種まきをして育てた苗を持って、さあ田んぼへ出発! 「みなさん、今日はがんばって植えてくださいね。」 「引っ張ってあるロープを目印にして、おんなじ間隔でね。」 「そうそう、それくらい。浅いと苗が浮いてしまうよ。」
植え方を細かく教えていただきました。なかなかいい手つき。 みんな結構いいスピードで植えています。快調です。 泥の感触を楽しんでいます。結構気持ちいい感触です。 ハイスピードで、きれいにどんどん植えていく2人。プロのようです。
ラジオの取材も来ていました。このおじさんの顔見たことある。 ついにやってしまった。泥んこです。もう座っちゃいます。 ジュースをいただいて、達成感をかみしめています。お疲れ様。 田植えの終わった田をバックに記念撮影。

 

志方西小PTA球技大会 楽しかったよ

 6月10日(月曜日)、PTA役員の皆様にお世話になって、球技大会を開いていただきました。チームに分かれて、1・2年生はボール当てゲーム(中当てドッジ)、3~6年生はドッジボールを楽しみました。お天気が心配されましたが、雨は降らず曇り空で、ちょうどいい涼しさで気持ちよかったです。役員の皆様には何日も前から計画をしていただき、前日準備や当日の早朝からの準備をしていただきました。また当日はたくさんの保護者の皆様にもご参加いただきました。子どもたちの嬉しそうな顔、楽しそうな顔をいっぱいいっぱい見られました。ありがとうございました。

     
     

加古川市小学校陸上記録大会

 6月9日(月曜日)、総合運動公園陸上競技場で行われた加古川市小学校陸上記録大会に子どもたちが参加してくれました。例年は11月の開催ですが、今年は会場の改修工事のためにこの日に開催されました。運動会が終わってすぐ練習を始めました。忙しかったですが、子どもたちは意欲と目標を持って練習に励んでくれました。頑張ることのよさを知ってくれている子どもたちです。子どもたちが頑張ってくれる姿を見るのはとってもうれしいことです。当日はいいお天気で暑かったですが、子どもたちの頑張る姿をいっぱい見て元気になりました。

         
         

 

2年生が「町たんけん」に行きました

 2年生の1学期の総合的な学習は、「レッツゴー!町たんけん」です。志方の町を探検していろんなことを発見して、発見したことを発表する学習をします。6月6日(水曜日)、2年生全員で探検に出かけました。この日は「妙正寺様」「彦様」「大福様」の探検に行かせていただきました。雨が降っていたので児童公園はまた今度。大変お世話になりました。いろんなことを教えていただいてありがとうございました。探検はまだまだ続きます。2学期にも秋の町を探検します。探検隊が探検に行ったら、どうぞよろしくお願いいたします。

妙正寺
     
     
大福
     

 

4年生が「消ちゃん先生」の勉強をしました

 4年生は社会科で消防署の仕事の勉強をします。5月31日(木曜日)、志方消防署の方々に来ていただいて、今年も消防の勉強をさせていただきました。教室で勉強した後、消防車や救急車を見せていただきました。消火器の使い方も教えていただきました。1・2年生の子たちが、興味津々でうらやましそうに眺めていました。

いろんなことをいっぱい教えていただきました。 火事の通報の練習をしました。緊張。 救急車。「これはストレッチャーだよ」 救急車の中はいろんな機械がいっぱいでした。
これはタンク車。水がいっぱい入っています。 ここからホースに水を送るんだよ。 学校にも防火設備が。これは職員室の設備。 これは防火扉。火事の時に煙を防ぎます。
廊下にはあちこちに屋内消火栓があるよ。 これは高いところから避難するための設備。 消火器で、「消火開始-!」 挨拶はかっこいい敬礼でします。

 

運動会にご声援ありがとうございました

 5月26日(土曜日)は運動会。ちょっと雲のあるいいお天気でした。当日は大勢の皆様の前で、子どもたちが練習の成果を発揮してくれました。「頑張りましょうね」って先生が言うと、「はいっ!」と大きな声で返事をして本当に練習を頑張ってくれる子どもたちでした。素直で前向きで、頑張ることのすばらしさを知ってくれている子どもたちが自慢です。練習中の励まし、当日の進行、片付け、校庭の草刈りなど、保護者の皆様をはじめ、大勢の方々にお世話になり、運動会を行うことができました。ありがとうございました。

入場行進  全校生 ダッシュ!ダッシュ!!(80m走)  3・4年生 力いっぱい!ヨーイ・ドン(50m走)  1・2年生 弾丸ランナー(100m走) 5・6年生
     
爽涼鼓舞(ダンス)  1・2・3年生
いざ、出陣!(騎馬戦) 4・5・6年生 大玉転がし PTA
   
紅白対抗全員リレー  全校生 志方西音頭  全校生・PTA
      
紅白応援競技(綱引き)  紅白応援団・全校生
     
Shikatan@Band♪  金管バンド
   

紅白玉入れ

1・2・3年生、来賓、PTA、老人会

目指せ!!東京オリンピック

(障害物リレー)    5・6年生

   
大玉ころころ  1・2年生 我を忘れて・・・(棒引き)  3・4年生
      
地区対抗リレー  代表選手
     
演舞”祭-Sai-”(組体操)  4・5・6年生

 

今年もイチジクの学習  お世話になります

 志方イチジクの会の皆様にお世話になって、今年も3年生がイチジク栽培の体験をさせていただきます。おいしくて有名な志方ブランドのイチジク栽培を頑張っておられる方たちが自分たちの身近におられること、たくさんの工夫や努力をしておられること、目標を持ってお仕事に取り組むことが素敵なことであること、この地域のよさ… そんなことをたくさん子どもたちに感じてもらいたいです。

お芋を植えました。秋にお芋を食べるのが楽しみです

 5月16日(水曜日)、1年生と2年生がお芋の苗植えをさせていただきました。1年生は今年が初めてです。ふれあい農園の皆様に教えていただきながら、頑張って穴を掘って苗を植えました。大勢で植えたのでたくさんの苗を植えさせていただきました。根っこのないお芋のつるを土の中に埋めておくだけで、あんなにたくさんの大きなお芋ができるのがとっても不思議です。自分がお芋植えをがんばれたこと、大勢の地域のなたに手伝っていただいたこと、そんなふれあいをさせていただいたことがとてもありがたかったです。

   

「こうやってね、ななめにね、しっかりね」 「そうっと、やさしくね」 「上手だよ」

   
初めは難しかったけど、上手にたくさん植えられました。早く大きくなーれ。
   
お水もみんなで交代で、しっかりあげました。うまく育ってね。お芋お願いね。
                     
お隣の畑にはとってもきれいなルピナスの花。記念写真をぱちり。

 

1・2年生がレンゲ畑で遊ばせていただきました

 今年も1・2年生がレンゲ畑で遊ばせていただきました。雨で2回も延期させていただきましたが、快く「大丈夫ですよ」と言っていただきました。子どもの頃にはあちこちにレンゲ畑がありました。レンゲの蜜を吸ったり、首飾りを作ったり、白いレンゲを見つけたり、よくレンゲ畑で遊んだことを思い出します。少し大きくなってから、レンゲは自然に生えているんじゃなくて、農家の方が土を肥やすために種を蒔いておられるんだということを知りました。レンゲ畑で楽しそうに遊んでいる子どもたちを見ていることが幸せでした。貴重な経験をさせていただきました。

レンゲ畑に到着。田んぼがピンク色できれいだね。 あっちもこっちもレンゲだらけ。きれい。「雲の上みたい」 「いる?」「うーん、いない」「あっ、いた」  カエルが大人気でした。 お花をいっぱい集めています。きれいだね。
「見てー、指輪」首飾りも作りました。

「先生見て」「何なに?」「カエル」「か、かわいいね…」

 

きれいでしょ。学校の玄関に飾ります。 ジュースもいただきました。ありがとうございました。

 

志方3小学校合同芸術鑑賞会

 5月2日(火曜日)、志方小学校、志方東小学校と合同の芸術鑑賞会を行いました。高学年のお兄ちゃんお姉ちゃんが低学年の子たちの手を引いて、志方小学校の体育館まで行きました。大勢の子たちと一緒に同じ場所で劇を見るので、いつもよりも感動も大きかったんだと思います。今年は「天満のとらやん」という楽しい劇を見ました。ウナギを追いかけていたとらやんが、いろんなところへ行って、いろんなおもしろい経験をするという劇でした。

3小学校の子どもたちで体育館がいっぱいになりました。 いよいよ劇の始まり、始まりー。みんな一生懸命見ていました。 和楽器がたくさん使われていました。劇にぴったりの効果音でした。 お話のお姉さん。いい声で上手なお話でした。
とらやんのすることや、とらやんの動きがおもしろかったです。 子どもたちも舞台に上がらせてもらって大根引きをしました。 傘を持っていたとらやんは雷様の所まで風で飛ばされてしまいました。 劇団の皆さん、ありがとうございました。来年の鑑賞会も楽しみです。

 

1年生を迎える会 とっても盛り上がりました

 4月26日(木曜日)、体育館で「1年生を迎える会」を行いました。児童会の子どもたちががんばってくれました。2年生以上の子たちもプレゼントを作ったり、会を盛り上げようとみんなでがんばってくれました。大きな声で歌を歌ってくれることや、楽しそうにダンスを踊ってくれることや、ゲームを思い切り楽しんでくれること…、そんな素直でのりのりな子どもたちがこの学校の自慢です。「帰ってきたウルトラマン」のダンスを、何度もアンコールしながら、とっても楽しく踊ってくれました。いっぱいプレゼントをもらった1年生はご機嫌そうでした。

6年生と一緒に、1年生がかっこよく入場です。 6年生に作ってもらった冠が光っています。 1年生21人が勢揃いです。 「貨物列車でシュッシュッシュー」「じゃんけんほい」
どんどん連結。最後は一つの列車になりました。

「○×ゲーム」。結構難しい問題も…

運動場の池にはカッパがいる。○?×?

みんな、体操帽子を使ってウルトラマンになろう!
「帰ってきたウルトラマン」振り付けがかっこいい。「シュワッチ!」 「アンコール」「アンコール」みんなで何度も踊りました。 最後にプレゼントをもらいました。 いっぱいもらってご機嫌の1年生です。

 

5年生お米作り体験「種まき」

 春の花や鳥の鳴き声が心地よい時期がやってきました。これから農家の方たちが忙しくされる時期でもあります。今年も5年生の子どもたちが、「ふれあい農園」の皆様にお世話になって、お米作り体験をさせていただきます。4月18日(水曜日)、お米の種まき体験をさせていただきました。体験を通して、子どもたちに、この地域の皆さんががんばっておられる農業というお仕事の大切さ、食料生産というお仕事のかけがえのなさを感じてもらいたいです。ふれあい農園の皆様との交流を通して、自分たちの暮らすこの地域のよさやこの地域を大切に思う気持ちをいっぱいもってほしい、そして将来この地域の担い手になってもらいたい、そんな風に願っています。

箱に土を入れたら、お水をたっぷりやります。 土の上に種籾を蒔いていきます。がんばれ。 偏らないように。隙間ができないように。 種籾が見えなくなるぐらい、土を被せてやります。
お薬の入ったお水をやってできあがり。 水の入ったトレーに並べましょう。 うん、上手にできてるよ。これでいい。 芽が出るのが楽しみです。早く芽よ出ろー!

 

1・2年生 交通安全教室

 4月17日(火曜日)、1年生と2年生が交通安全の学習をしました。警察の方にも来ていただいて、お話を聞いたり、運動場につくったコースで練習したりしました。どんなことが危険なのか、どんなことに気をつければ自分の安全を守れるのか、大事なことをたくさん教えていただきました。

ビデオを視たり、お話を聴いたりしました。 今からお手本をするからね。見ててね。 見てごらん。信号は何色? そうそう、上手に渡ってるよ。いいぞー。
右左右。大丈夫。手を上げて渡りましょう。 車が停まってるよ。どんなふうに渡ったらいい? みんな上手に歩けてるね。 皆さんこれからも安全に気をつけてくださいね。

 

「6年生を送る会」とっても盛り上がりました

 3月1日(木曜日)、6年生を送る会を行いました。1~5年生の子たちが、6年生の子たちへの感謝の気持ちを伝えようと、出し物を考えてくれました。5年生の子たちが会を盛り上げようと進行や計画や準備をがんばってくれました。毎年6年生を送る会が楽しみです。1~5年生にとっては、6年生に今までしてもらったいろんなことにありがとうを言う機会であり、5年生にとっては、次はいよいよ自分たちが学校の中心になるんだという気持ちを持つ機会であり、6年生にとっては、もう少しで卒業なんだなというしみじみとした気持ちを感じる機会でもあります。1~5年生の、6年生を楽しませてあげようという素直な気持ち、5年生の、会を盛り上げようという一生懸命な気持ち、6年生の、自分たちのためにしてくれていることをいっぱい楽しもうという素直な気持ちがあふれた会でした。

今日の主役、6年生が入場。ちょっとドキドキします。

1年生のかわいいお礼のことばの朗読。 2年生の見事なランドセルパフォーマンス。 3年生のおもしろい今までありがとうの替え歌。
4年生の吉本新喜劇?テレビで見たことあるよ。 シルエットクイズ。この先生はだれでしょう?ヒントは… ○×クイズは問題がおもしろい。 5年生の劇。演技力抜群でおもしろかった。
最後はダンスで盛り上がった!みんなで踊った!楽しかった! 6年生も踊った!何回も踊った!汗かいた!気持ちよかった! 校旗やジンケンジャーを5年生が引き継ぎました。あとは任せて! 6年生退場。ありがとう!

 

あいさつは魔法のことば

 3月1日(木曜日)、第2回目の「志方ユニットあいさつ運動」を行わせていただきました。当日は風の強い、荒れたお天気の日でしたが、ご協力いただきありがとうございました。子どもたちにあいさつをしてもらうと、なんだか少しうれしい気持ちになって、なんだか少し元気になります。子どもたちのあいさつには、周りの人を元気にする魔法の力があると思います。せっかく魔法の力を持っているんだから、その力をいっぱい使ってほしいなって思います。自分の家族や友だち以外に大きい声で「おはようございます」を言うのは、ちょっと勇気がいることかもしれません、あいさつしても大丈夫かな、あいさつを返してもらえるかなって、ちょっとドキドキするかもしれません。ちょっとの勇気を出して、大きな声で、自分からあいさつができように、これからも子どもたちと一緒にがんばります。

           

長縄記録大会

 インフルエンザのために延期していた長縄記録大会を、2月28日(水曜日)に行いました。「8の字跳び」で3分間、クラスみんなで跳んだ回数を記録します。そのぞれの学年のこれまでの大会記録が目標です。本番は1回だけ。それなりの緊張の中で、みんながんばりました。

体育保健委員会の子たちが、集会でお手本を見せてくれたり、低学年の練習のお手伝いをしたり、当日も司会進行をしてくれて、がんばってくれました。
       
1年生 2年生
   
3年生 4年生
   
5年生 6年生
   

 

志方ユニット あいさつ運動

 2月1日(木曜日)、保護者の皆様、地域の皆様にお知らせしました以下の「ユニット便り」のように、志方ユニットであいさつ運動を行いました。当日はとっても寒い朝でしたが、たくさんの方にお出会いできました。ありがとうございました。

   

志方中学校区ユニット便り No24より抜粋

 「ユニット12」とは、平成19年度より始まった事業で、中学校区をひとつの単位(ユニット)とし、その地域の保育園・幼稚園・認定こども園・小学校・中学校・養護学校が相互に連携し、家庭・地域とも連携を」図りながら、子どもたちの連続した学びや育ちを支援する仕組みのことです。具体的には、志方町にある、ゆき保育園・しかたこども園・志方小学校・志方東小学校・志方西小学校、志方中学校が、お互いに連携し、家庭や地域とも連携しながら、地域総がかりで子どもたちを育てていこうというものです。

 志方ユニットでは、「あいさつ さわやか あかるい志方」をスローガンに、各学校園であいさつ運動に取り組んできました。今回、各校園それぞれが行っていたあいさつ運動の日をそろえて、志方地区全体で同時に行い、地域をあげて、明るい町づくりに取り組んでいきたいと考えています。そこで、地域の皆様にも、子どもたちの登校時刻にあわせて、可能な限り、通学路等に出ていただき、子どもたちに声をかけていただければ、たいへんありがたいと思います。ご協力よろしくお願いします。

 ○日時  2月1日(木曜日)と3月1日(木曜日)

        児童生徒の登校時間帯  7:20 ~ 8:00頃

        園児の登校時間帯     8:30 ~ 9:00頃

 ○場所  ご自宅近くの児童生徒の通学路

        小学生の登校班集合場所

        各学校園の校門付近

 ○方法  出会った子どもたちに「おはよう」などの声かけをお願いします。

1年生「昔の遊び」体験

 1月23日(金曜日)、1年生が「昔の遊び」を体験させていただきました。高御位会のに皆様に「お手玉」「羽根つき」「コマ回し」「けんぱ」「けん玉」を教えていただきました。その他、「めんこ」「ゴムとび」「馬とび」「竹馬」・・・・・いろんな遊びを懐かしく思い出しました。そんな遊びを友だちとしながら、楽しい思いや悔しい思いや自慢や感心や、いろんな思いをしながら友だちとの付き合い方を学んでいたんだなということも思います。名人の皆さんに教えていただいた子どもたちが、昔の遊びを通して、そんなよさも学んでいってくれたらいいなって思います。

名人の皆さん、お願いします。 グループで、あいさつしましょう。 心を込めてお礼を言いましょう。 お礼のプレゼントです。ありがとう。
両手でこんなふうに持ってね。 こんなふうに持ち替えましょう。 名人さんの技。すごーい! さあ、やってみましょう。がんばれ!
一つは「けん」、二つは「ぱ」だよ。 みんなで「けんぱ」を言いましょう。 けんぱ、けんけんぱ、けんぱ… リズムに乗って、がんばれ!
こう持って、こう乗せるんだよ。 ひもをまっすぐにして… さあ、やってみよう。がんばれ。 いろんな所に乗せてみましょう。
ひもの巻き方はこうやって… 投げるときはこう持って、この角度で… さあ、回してみましょう。 誰が一番長く回るでしょうか。
初めは一人で、高く打ちましょう。 さあ、何回続くかな。やってみましょう。 今度は二人で打ち合ってみましょう。 負けたら墨を塗るんだよー。

 

ふれあいジャンボかるた大会

 1月18日(木曜日)、保護者の方にも来ていただいて、「ふれあいジャンボかるた大会」を楽しみました。読み札には地域の自慢がいっぱい書かれています。5点の札、3点の札、1点の札があります。志方西小学校の伝統の絵札を使った、伝統の行事です。今年も盛り上がりました。ご協力ありがとうございました。

図書委員会の人たちが読んでくれます。 さあスタート!フライングに気をつけて。 西っ子活動のグループで勝負です。 お家の方たちもがんばりました。
なかなか見つかりません。 やったー、見つけた!! グループごとに集計します。 みんな、頑張って取ってー!

 

避難訓練 1.17を忘れない

 1月17日(水曜日)、23年前に発生した阪神淡路大震災に合わせて、避難訓練を行いました。地震が発生したときの身の守り方、避難のしかたの訓練をしました。訓練の大切さや災害の大きさなどのお話を事前に聞いていた子どもたちは、真剣に、整然と避難をしました。阪神淡路大震災や東日本大震災で、多くの命が失われたこと。これまでの災害を教訓にして、災害から身を守るために、被害を少しでも少なくするために、いろんな工夫や努力がされていること、そしてそのためにも、災害のことや失われた多くの命があることをわすれないことが大切だということ、そんなお話をして、子どもたちは亡くなられた方たちを思って黙祷しました。

校内書き初め大会

 1月12日(金曜日)、文字の上達を願って書き初めをしました。みんな丁寧に丁寧に、筆や鉛筆を動かしていました。子どもたちが書いた作品は、2月8日(木曜日)から10日(土曜日)の参観日までの間、小学校の玄関ホールに展示しました。

               1年生 「たこ上げ・・・」                                          2年生「船にのって・・・」

            

        3年生「うめの花」                        4年生「はねの音」

            

                5年生「東天の雲」                        6年生「太平の春」

          

 

 

5年生「米づくり感謝の会」

 12月19日(火曜日)、一年間お米作り体験でお世話になった5年生が、「ふれあい農園」の皆様をお招きして、「米づくり感謝の会」を行いました。お世話になったお礼をしようと、子どもたちは頑張って準備をしました。いただいたお米を使っておいしいご飯を食べていただけるように頑張りました。自分たちが勉強したお米作りについての発表を、楽しく見ていただこうと張り切って準備しました。家庭科で調理の勉強をし、自然学校も経験している子どもたちは、かなり手際よく調理をしていました。ほかほかのご飯にお味噌汁、牛鍋がとってもおいしそうにできました。ランチルームで一緒に食べていただいたあと、多目的室でお米作りの発表をしました。見に来てくださった方たちを楽しませようと、漫才や劇を入れて楽しくおもしろく発表してくれました。練習でうまくできなかったことも、本番ではちゃんと修正していて、見ていてとっても楽しかったです。思い切り笑えました。子どもたちの企画力がすごかったです。

 最後に、一年間お世話になった「ふれあい農園」の皆様、ありがとうございました。地域の大切な産業であるお米作りを、直接地域の方に教えていただけることがとてもありがたいです。体験を通して子どもたちはきっと、お米作りの大切さ、地域の産業の大切さや働く方たちの工夫と努力、そしてこの地域の大切さを感じてくれたと思います。ありがとうございました。

さあみなさん、頑張ってつくりましょう。 上手な手つきで、野菜をサクサク。 火加減が大事なポイントです。 ちょっと味見。ちょっとだけね。

ほくほくの新米のご飯が炊けました。

いりこから出汁をとった味噌汁が完成。 牛鍋。おいしそうでしょー! 盛り付けもばっちりできました。
米づくり感謝の会の始まりです。 「みなさん、一年間お世話になりました。」 「おあがりなさい。」「いただきます。」 「うーん、とってもおいしい。上手だね。」
お米作り学習の発表を始めます。 初めは漫才から始まりました。 途中でおもしろいおじさん?登場。 クイズもしました。けっこう難しかった。

 

ちょっと早めのサンタさん ありがとう

 12月12日(火曜日)の給食はクリスマスメニューでした。ケーキも食べました。一足早くクリスマス気分を楽しみました。児童会の人たちがサンタさんになって、みんなにケーキを配ってくれました。楽しい衣装で、みんなを楽しい気持ちにしてくれました。「メリークリスマス」の言葉に「ありがとう」を言いながらケーキを受け取る子どもたちのうれしそうな表情を見ているのが幸せでした。

お米作りの伝統文化 「しめ縄作り」

 12月12日(火曜日)、お米作りの勉強をしている5年生が、成井老人会の皆様にご指導いただいて、「しめ縄作り」をしました。ワラをねじってより合わせるという作業は子どもたちには難しく、初めは苦労していましたが、老人会の皆様に丁寧にご指導していただいて、最後はみんな上手に作っていました。お正月のいいお飾りができました。ありがとうございました。

今日はよろしくお願いします。 こうやって束を二つに分けてね… ワラをしっかり抑えておいて… こうやってねじって、より合わせる…
こういうふうに手を動かして。 ここにこんなふうに力を入れて。 ここをこうやってねじるんだよ。 いいかい、よく見てね。
だんだん上手になってきました。 二つの縄を組み合わせて、輪にして… やったー、出来上がりー! しめ縄ができましたー!

 

あいさつ週間 がんばろう!

児童集会

 12月11日(月曜日)、この日から一週間、「あいさつ週間」です。いつも以上にあいさつを頑張ります。この日は、計画委員会の人たちが、児童集会で劇をしてくれました。あいさつが人や自分を元気にすること、あいさつは「大きな声で」「相手を見て」「自分から」することが大切だってみんなに教えてくれました。かっこいい人権ジャーも登場しました。

元気なあいさつは、友だちも、地域の人も、それから自分も元気にしてくれるよ。

元気のないあいさつをされると、心配な気持ちになるよ。

あいさつは「大きな声で」「相手を見て」「自分から」しましょう。

児童集会に登場した人権ジャーが、校門でみんなを迎えてくれました。

大きな声でみんなにあいさつしてくれました。

みんなの声もいつもよりちょっと大きかったです。

 

家庭教育大学「青い目の人形メリー 再会の旅」

 12月7日(木曜日)、作家の西村恭子先生をお迎えして、「青い目の人形」のお話を聞かせていただきました。平和学習をしている6年生の子どもたちも参加させていただきました。戦前、悪化した日本とアメリカの関係の改善を目指した人形交換が行われたそうです。アメリカから12,739体の「青い目の人形」が日本の子どもたちに贈られ、日本からは58体の「日本人形」がアメリカへ贈られたそうです。戦争中は、多くの「青い目の人形」が敵国の人形として壊されたそうですが、心ある人たちに守られた「青い目の人形」がたくさん残っているそうです。兵庫県内でも10体の「青い目の人形」が残っているそうです。平和学習で、戦争の悲惨さや平和の大切さを勉強した子どもたちは、人形を抱かせていただきながら、国と国がなかよくすることの大切さ、相手を思うやさしい気持ちの大切さを感じてくれたと思います。

 

6年生「租税教室」

 11月29日(水曜日)、税務署の方に来ていただいて6年生が税金の勉強をしました。初めは消費税などの税金はない方がいいんじゃないかなって思っていた子も、税金の使いみちや、税金がなかったらどうなるのかっていうお話を聞いて、自分たちのくらしが税金に支えられていること、私たちの毎日のくらしのために税金が大切なものであることがわかりました。最後に「見本」のお金(紙は本物)を触らせていただきました。「見本」だと分かっていても、ちょっとドキドキしました。

「税金にはどんなものがあるか知っていますか?」 「税金はあるほうがいい?ないほうがいい?」 「税金のない世界のビデオを見ました。」 「税金がない世界はどうでしたか?」
お金のレプリカを触らせていただきました。 「はい、一千万円だよ。」「えーっ」 「一億円を持ち上げてみましょう。」 「結構重い。緊張する…」

 

理科「気象災害からくらしを守る」の勉強をしました

 5年生が「気象災害からくらしを守る」という理科の学習をしています。大藤山には兵庫県で一番大きい砂防ダムがあります。乗馬クラブの山の斜面では今災害防止のための工事が行われています。これれの場所に行き、「気象災害からくらしを守る」ために実際に行われていることを見学させていただきました。大藤山では平成26年3月に植樹したドングリの苗が大きく育っていることも観察してきました。乗馬クラブの皆様、工事の皆様、大藤山ボランティアの皆様、長楽寺の皆様に感謝申しあげます。ありがとうございました。

乗馬クラブで工事を見学させていただきました。 工事の方に、お話をしていただきました。 あんな所へどうやって機械をあげたんでしょう? みんな興味津々で見学しました。
大藤山の砂防ダムは県下一の規模だそうです。 砂防ダムからの景色です。 説明の掲示板をみんなで読みました。 ドングリの木が大きく育ってくれていました。
今日は子どもたちがドングリのお世話をします。 下草をきれいにしました。 袋がいっぱい。がんばりました。 いつもお世話してくださっている皆さん、ありがとうございます。

「出前授業」ありがとうございました

 11月27日(月曜日)、6年生が中学校の先生に出前授業をしていただきました。英語の先生お二人に来ていただいて、中学校の授業の体験をしました。初めてのことなので、内心ドキドキしていたのではないでしょうか。でも、中学校の先生の英語の質問に、けっこう英語で答えられていました。「外国語活動」で慣れ親しむことが力になっているなと思いました。

授業の準備中。教室が街になります。 みなさんこんにちは。はじめまして。 英語で自己紹介をしました。ちょっと緊張。 「ここは、スーパーマーケット」です。
道順はこんなふうに紹介するんだよ。 まっすぐ行きましょう。(英語です) 右にまがりましょう。(英語です) さあ、スーパーへの道順はどう説明したらいいでしょうか。

 

志方っ子マラソン大会

 11月21日(火曜日)、志方小学校と志方東小学校と合同で「志方っ子マラソン大会」を行いました。当日はいいお天気の中でマラソン大会を行うことができました。マラソン大会に向けて、各学校で子どもたちはかけ足の練習をがんばりました。マラソン大会では、3つの小学校が集まって学年ごとに走りました。いつもより大勢の同級生と、大きな競技場で、いっぱいの声援を受けて走りました。その分、いつもより緊張していつもよりドキドキします。そんなドキドキの中、子どもたちはみんな、最後までそれぞれのマラソンコースを走り切ってくれました。子どもたちの頑張る姿をいっぱい見せてもらって元気になりました。「志方っ子マラソン大会」実施にあたり、志方公民館高齢者大学の皆様には、準備から進行、撤収までお世話になりました。PTAの皆様には子どもたちの安全のために会場の警備をしていただきました。保護者の皆様、地域の皆様には子どもたちへのご声援をたくさんいただきました。たくさんの皆様にご支援をいただいてマラソン大会を行うことができました。ありがとうございました。

開会式 マラソン大会が始まるよ
3年生
4年生
1年生
2年生
5年生
6年生

 

1・2年生 お芋がどっさり!

 5月に苗植え体験をさせていただいたお芋が、秋になって大きく育ちました。「ふれあい農園の皆様」が、ずっとお芋のお世話をしてくださいました。ありがとうございます。10月26日(木曜日)、1・2年生がお芋掘りをさせていただきました。子どもたちはお芋を掘りながら、土いじりの感触を大いに楽しんでいました。大きいお芋がどっさりとれました。3キロもあるお芋もありました。玄関に飾っていたら、子どもたちが「筋肉マッチョのお芋」って言って騒いでいました。早朝から準備をしていただいて、ほくほくの焼き芋を作ってくださいました。ジュースもいただきました。子どもたちは大満足です。ありがとうございました。

お芋掘り開始ー。いっぱい掘るよー。 うんとこしょ、どっこいしょ。なかなか抜けません。 こんなふうに、お芋を傷つけないように掘ってね。 とれたー!見てー!
どっさり、どっさりとれました。大収穫です。 さあ、焼き芋ができたよー。みんなおいでー。 熱いから気を付けてね。いただきます! 焼き芋、おいしかったー。最高!

 

5年生「ミシンボランティア」さんありがとうございました!

 5年生は初めてミシンの勉強をします。慣れるまではとっても大変です。下糸の準備、糸通し、押さえの操作、返し縫い… すぐにあちこちから「先生、来てー!」という声が上がります。大忙しです。今年も高御位会のボランティアの皆様にお手伝いに来ていただきました。大忙しが、大助かりになります。子どもたちは一人一人、一つずつの作業をお手伝いしていただけます。今年は子どもたちはナップサックを作りました。口開きの始末、ひも通し… 初めてミシンを使う子どもたちには、難しいことがいっぱいあります。ボランティアの皆様にお手伝いいただきながら、褒めていただきながら、子どもたちは立派なナップサックを仕上げました。ボランティアの皆様、今年もありがとうございました。

 

5年生「赤ちゃん先生」かわいかった!

 9月28日(木曜日)、「赤ちゃん先生」の活動をしておられる「ママの働き方応援隊」のお母さんたちとその赤ちゃんに来ていただいて、5年生が「赤ちゃん先生」の勉強をしました。赤ちゃんとの触れ合いを通して、いろんなことを勉強し、感じさせていただきました。赤ちゃんたちを見た子ども達は「かわいい!!」を連発し、みんな笑顔になりました。赤ちゃんの持っている魔法の力です。「ふわふわ言葉」や「ちくちく言葉」の不思議なエネルギーや言葉づかいの大切さを教えていただき、また自分たち一人一人が、赤ちゃんのときから大切に育ててもらった大切な命なんだということを実感させていただきました。赤ちゃんをだっこもさせていただきました。「幸せ」を目に見える形にして服を着せたら「赤ちゃん」になるんじゃないかなって思います。赤ちゃんをだっこすると、まるで自分がだっこされているような、不思議な幸せな気持ちになります。

   
   

 

6年生平和学習 みんなで千羽鶴を折りました

 6年生が戦争についての学習、平和のための学習をしています。10月の広島への修学旅行では、広島平和記念公園に行き、「原爆の子の像」の前で「平和集会」をしようと計画しています。平和への祈りを込めた千羽鶴を折って納めます。6年生の気持ちだけではなく、全校生の気持ちも一緒に持って行こうと、全校生に千羽鶴作りの呼びかけをしました。全校生が少しずつ千羽鶴を折っています。1年生はほとんどの子が鶴を折るのが初めてです。6年生のお兄ちゃんやお姉ちゃんが、1年生に鶴の折り方を教えてくれました。「上手に折れたねー」と大きな声で1年生を褒めてくれました。やさしいお兄ちゃん、お姉ちゃんです。

     

 

 

志方西サマーコンサート ~ようこそ先輩!ふるさとへ~

 7月18日(火曜日)、地域のご出身で、ドイツでピアニストとして活躍しておられる釋三恵様とハンガリーご出身のチェリスト、ガーボア サルヴァッシュ様をお迎えして「志方西サマーコンサート」を開催しました。プロの方の生の演奏の、柔らかくて豊かな音にうっとりと聴き入りました。子どもたちの知っている曲もたくさん演奏していただきました。また地域の方や保護者の方にもたくさん参加していただきました。ありがとうございました。

「今日はお越しいただいてありがとうございます。とっても楽しみにしていました。」 初めは「海」や「茶摘み」など、日本の夏の童謡を聴かせていただきました。 生の音はCDの音とは響きが違います。「チャールダッシュ」は手拍子で盛り上がりました。
ビバルディの「冬」が、気が付いたら「アナと雪の女王」に…ちょっとびっくりしました。 お二人の伴奏で校歌を歌いました。あとで釋様にみんなの歌声を褒めていただきました。 花道をつくってお見送り。素敵な時間をありがとうございました。

 

3年生がため池の学習の発表会をしました。

 7月18日(火曜日)、3年生が地域のため池について学習したことを、1~3年生に発表してくれました。コンピュータでまとめたものを使って発表しました。地域には農業に欠かせないたくさんのため池があり、昔から地域の方たちが大切に守ってこられたのが分かりました。

 

4年生が市内の施設見学をしました。

 6月23日(金曜日)、4年生が加古川市の施設見学をしました。クリーンセンター、浄水場、下流浄化センターで、施設を見学させていただいたりお話を聞かせていただいたりしました。水道水やゴミや下水のことは、普段はそれがあったり処理されていたりすることが当たり前のように、あまり意識せずに生活しています。私たちの毎日の生活のためにそれを支える施設があり、その施設で働いてくださっている方がたくさんおられるということを、子どもたちはしっかり意識してくれたと思います。

           クリーンセンター

       浄水場

            下流浄化センター

3年生が「市内めぐり」をしました。

 6月20日(火曜日)、3年生が加古川市の様子を調べる「市内めぐり」をしました。加古川市は、田園地帯があり、住宅街があり、商業地帯があり、工場地帯があり、いろんな表情を持っている豊かな町です。展望台にも上り、場所によっていろんな様子があることを観察してきました。

加古川市役所の展望ロビー。遠くまでよく見えました。 消防本部に行ってお話を聞かせていただきました。 高機能消防司令室には、いろんな機械がいっぱいありました。
別府港には大きな船がたくさん停まっていました。 海洋文化センターは子どもがいっぱい楽しめるところ。 日岡山の展望台。ここからも遠くが見渡せます。

 

避難訓練をしました。

 6月15日(木曜日)、火災想定の避難訓練を行いました。火災以外にもいろいろな災害や危険が身の回りにあります。そんな災害や危険に出合ったときに、自分を守るためには普段からの準備や心構えが大切です。普段の生活の中では、ついそのことを忘れてしまいがちです。訓練を通して、災害はいつ起こるかわからないこと、危険に出合ったときには、自分の身を自分で守るための行動をとることを心に刻んでほしいです。

3・4年生が高御位山に登りました

 5月8日(月曜日)、3年生と4年生が社会科の学習で、高御位山に登りました。3年生は地域の様子を観察するため、4年生は地域のため池の様子を調べるために、高御位山の頂上から自分たちの地域の様子を観察しました。高い所から見ると、地域の全体の様子がよく分かり、普段は気が付かないことをたくさん見つけられました。当日は「花祭り」。通りかかったお寺で甘茶をいただきました。汗をかいたあとの甘茶がとってもおいしかったです。おかわりをしていた子がたくさんいました。

さあ、出発。学校をバックに記念写真。 いいお天気で気持ちがよかったです。 だいぶ高く登ってきました。景色がきれい。 やったー、ゴール!記念写真をパチリ。
町の様子がよく分かる。鳥になったみたい。 とってもいい景色。ぼくの家はどれだろう? 見つけたことをいっぱいメモしました。 甘茶がおいしーい。ごちそうさまでした。

 

家庭教育大学「認知症サポーターキャラバン」

 12月12日(月曜日)、認知症サポーターキャラバンの皆様をお迎えし、家庭教育大学「認知症サポーター養成講座」を行いました。保護者の皆様と6年生の児童が参加しました。お話を聞いたり、DVDを見たりしながら、認知症のことを詳しく教えていただきました。その後、こんなときはどうしたらいいんだろうということを考え、グループで話し合い、劇で発表しました。認知症の方やそのご家族の応援団になれるように、みんな一生懸命考えました。最後に認知症サポーターのしるしのオレンジリングをいただきました。

「認知症サポーターキャラバン」の皆様。ありがとうございました。

DVDを見て認知症のいろんなことが分かりました。 認知症について、詳しくお話していただきました。 「さあ、こんなときには、どんなふうに対応したらいいんでしょうか?」
「こうしたら、おばあさんも安心するんじゃないかな。」 「みんなが困らないないようにするには、こうしたらどうだろう…」 話し合ったことを劇で発表しました。 「おばあさんのありのままに寄り添って、一緒に考えて行こう。」
みんなけっこう名演技! 「認知症の方や家族の方の応援団になります。」 オレンジリングをもらって、みんなで記念撮影。 認知症サポーターのしるしのオレンジリング。

 

おもちゃランド大繁盛

 10月25日(火曜日)、2年生のお兄さん、お姉さんたちが、1年生の弟、妹を招待して「おもちゃランド」を開いてくれました。去年は「おもちゃランド」のお客さんだった2年生の子たちが、今年はお店の人たちです。どうやったら1年生に喜んでもらえるか、一生懸命に考えてくれました。

3年生が「お店の工夫」見つけに行きました

 9月27日(火曜日)、3年生が「ボンマルシェ」に、お店のお仕事の見学に行かせていただきました。お客さんがたくさん来てくださって、商品がたくさん売れるように、どんな工夫がしてあるか、いっぱいいっぱいお店の工夫を見つけてきました。店長さんにお店の中を案内していただいたり、質問にいっぱい答えていただいたりしました。普段見られないバックヤードの中も見せていただきました。冷凍庫はとってもとっても寒かったです。自分たちの身近にあるお店の方たちが、たくさんの工夫や努力をしてがんばっておられることを、たくさんノートに書いて帰ってきました。

お店に到着。「このお店お母さんと来たよ。」 箱に入った商品がいーっぱい。 バックヤードってすごい。大勢の人が… いろんな部屋があったよ。
冷凍庫。めっちゃ寒かったよー! キレイに並んでて、思わず買いたくなるね。 お店の人に質問。 店長さんに、いっぱい質問。ありがとうございました。

 

1年生「給食センター」見学

 9月23日(金曜日)、1年生が「給食センター」で、給食の調理の様子を見学させていただきました。たくさんの人が働いてくださって給食ができること、自分たちのために安全でおいしい給食をつくろうとがんばってくださっていること、働くことの意味や価値、人と人とのつながりの大切さなどを、1年生としての感じ方で感じてくれたと思います。1年生も他の学年も、たくさんの方にご協力いただいて、いろんなお仕事を体験する学習をさせていただいています。子どもたちが、働くことの大切さ、人と人とのつながりの大切さをたくさんたくさん心に貯めて、将来、自立して世の中を支えてくれる人になってくれることを願っています。

広くてひれいでピカピカだね。 たくさんのの人が働いておられる。 すごくでっかいお鍋。何人分作れるんだろう。 見たことない機械がいっぱいあったよ。
お部屋もいろんな部屋がいっぱいあった。 全体を見られるお部屋もあった。 給食の先生にたくさん質問しました。 できた給食を配りに行ってきまーす。

 

みんなで知ろう野鳥たち新聞

 3年生が「愛鳥モデル校事業」で学習したことを、みんなにお知らせするために「みんなで知ろう野鳥たち新聞」をつくりました。地域の鳥たちのことを知って、地域の鳥たちを大切にしようとする心が広がっていくことを願ってつくりました。

↓↓↓ここをクリックしてください。PDFファイルが開きます。↓↓↓

みんなで知ろう野鳥たち新聞(PDF:854.3KB)

3年生巣箱の設置と実の成る樹の植樹

 愛鳥モデル校の指定を受けて、3年生が野鳥の勉強をしています。大藤山に自分たちで作った巣箱を設置したり、野鳥のエサになる実のなる樹の苗を植えたりさせていただきました。長楽寺様や大藤山ボランティアの皆様、地域の方々、保護者の方々に大変お世話になりました。設置した巣箱に野鳥が入ってくれること、樹が大きくなって実をたくさん成らせてくれること、そしてその実を野鳥が食べてくれることを願って、今後も観察を続けていきます。

大藤山に到着。よろしくお願いします。 たくさんの方にお手伝いしていただきました。 巣箱に針金を通して。さあ、やるぞー。 うわー、高い。でもがんばりました。

もうちょっと右…  がんばれー。

ムクノキだよ。さあ、土をかぶせて。 これはエゴノキだよ。大きくなれよ。 学校の木にも巣箱をつけました。

 

コウノトリの郷公園出前授業

 12月1日(火曜日)、4年生が県立コウノトリの郷公園の方に来ていただいて、コウノトリ保護増殖の取組やそのための環境について教えていただきました。コウノトリと人間が同じ場所で暮らしながら、お互いを大切にする取組をしておられることや、手探りの取組で他にお手本がないことが大変だけど、コウノトリが生まれて元気に巣立ってくれたときはとっても嬉しいんだということを教えていただきました。

コウノトリのことをいっぱい

教えてもらいました。

これが実物のコウノトリの

大きさです。

お話のあと、いっぱい

質問しました。

剥製をさわらせてもらった。

ふかふかで気持ちいい。

コウノトリの羽を持って、

さあ、飛ぼう!

コウノトリ、大きい!!

 

3年生巣箱づくり

  愛鳥モデル校の指定を受けて、3年生が野鳥の勉強をしています。校区にどんな鳥がいるのかを調べて、その鳥たちのために自分たちができることな何なのかを考えて、取り組んでくれています。11月24日(火曜日)には、巣箱づくりに挑戦しました。当日は「もりの木ネットワーク」の方々にボランティアでお手伝いに来ていただきました。二宮金次郎に扮したメンバーの方に、木のよさや大切さをお話しいただきました。

お手伝いに来たよ。 私は二宮金次郎です。 さあ、がんばってね。
釘打ちトントン。 手を打ったらあかんよ。 形になってきた。
ちょうつがいがむずかしい。 ここやで。がんばれ。 やった!できた!
     
     

 

3年生の社会科学習

3年生は社会科で「昔のくらし」について学習します。

昔の道具を写真で見たり、生活の様子を資料で調べたりはできますが

実物を見たり触ったりする体験はなかなかできないものです。

地域の方のご協力で貴重な体験をさせていただき、学習を深めることができました。

洗濯板での洗濯体験

手は冷たいし、ごしごしこするのに力はいるし

洗濯機ってすごい!

薪を作るための木を切る作業

地域の方からのこぎりの使い方をおそわります。皆で力を合わせて切りましたが、一つ切るのに時間がかかりました。

薪割り体験

「なた」の使い方から教えていただきました。正しい持ち方、構え方。みんな恐る恐るでしたが、中にはコツをつかむ子もいました。

「釜」でのご飯たき

火吹き竹もありますが、煙って目が痛いと逃げまわります。けれども炊きあがった

ご飯のおいしいこと!お焦げも大人気でした。

 

和楽器体験

 1月29日(木) 5・6校時 6年生

6年生の音楽では「和楽器」に触れて、日本の伝統音楽の良さを味わう単元がありあります。

今まではCDなどで鑑賞するぐらいでしたが、この度は講師の先生を招いて「お琴」を

つま弾く体験をしました。

1面(メンと数える)の琴を2人で交代して弾きましたが、ご指導によりあっという間に「さくら さくら」が弾けるようになり驚きました。

廊下を通ると、「さくら さくら・・・・」ととてもここちよい音が聞こえました。子ども達もとても穏やかな笑顔で楽しそうでした。「和楽器」の良さを実感してくれたことでしょう。

大藤山再生プロジェクト ~災害に強い山をつくる~

「植えて 育てて 未来をつくる!」植樹祭

2011年の9月に起きた大藤山の土砂崩れ。山肌はYの字にえぐられ、傷あとは市内の各所から見ることができました。その時長楽寺の本堂も流されてしまいました。

あれから2年半・・・。

 2014年3月1日(土曜日)、自分たちで育ててきたドングリの苗を大藤山に植えに行きました。この苗は、一昨年の秋に大藤山、長楽寺周辺から拾ってきたドングリを牛乳パックに植え、自宅や学校で育ててきたものです。

大藤山再生プロジェクト

大藤山再生プロジェクト

学校、地域のスローガンの書かれた看板と完成した砂防ダム・・・みんなで開会式

大藤山再生プロジェクト

あいさつや植え方の説明を聞く

大藤山再生プロジェクト

児童代表による記念植樹

大藤山再生プロジェクト

大藤山再生プロジェクト

砂防ダムの周辺に植えに行きます。地域の方々やおうちの人と一緒に・・・・・・。

大藤山再生プロジェクト

大藤山再生プロジェクト

自分の名前と山や苗に対するメッセージを書いた名札をつけて・・・学校のプレート

大藤山再生プロジェクト

参加者全員で記念撮影

大藤山再生プロジェクト

終わった後も県や国の事務所の方々はまだ作業を・・・

 上記のスローガン、大藤山再生プロジェクト「植えて 育てて 未来をつくる」。

 2年間にわたる活動でしたが、地元の山から拾ってきたドングリを自分たちで育て、

地域のみんなで植樹した活動は、大変思い出深いものになりました。穴を掘るのも大

変で、下から石ころや粘土、木や竹のクズがいっぱい出てきましたが、これも災害の

影響でしょうか・・・?参加者で助け合い、分担して、何とか予定以上の苗を植え付

けることができました。

 

 「今まで傷ついた山肌を見て心が痛んでいたが、これからは苗木の育っていく様子

を見るのが楽しみ・・・」と新聞の取材に答えた児童代表のコメントが印象的でした。

また、「わしらが面倒見ても後10年ほどやけど、この子らが面倒みてくれたら後60年

・70年安心やわ!」と言われた地域の長老の声も心に残りました。

3月2日付 神戸新聞 東播版

3月2日付 神戸新聞 東播版

きずな戦隊「人権ジャー」大活躍!

 志方町3小学校で取り組んでいる道徳・福祉学習ですが、環境整備活動や、東日本大震災被災者に対する義援金の募金活動にも取り組んでいます。

 本校でも、児童会を中心に地域全体によるアルミ缶収集活動や、オープンスクール、音楽会の時に募金活動を実施しています。特に、音楽会の時にデビューした「きずな戦隊人権ジャー」は、あいさつ強調週間などでも大活躍(参照:児童会活動のページ)。みんなを笑顔にする「人権ジャー」の活躍により、募金もたくさん集まりました。

きずな戦隊「人権ジャー」

神戸新聞社の取材を受ける3校の代表児童

きずな戦隊「人権ジャー」

インタビューを受ける本校の4人の戦士

この度、3小学校が集めた義援金を神戸新聞厚生事業団に託すために、各校の代表児童

が集まりました。取材を通して、他の学校の取組がくわしく分かったり、募金活動に対す

る思いも伝わってきていい交流会になりました。

 お互い刺激し合い、今後も活発に活動していこうと誓い合いました。

 志方町内に、いっぱい○○レンジャーが登場するかもしれません!?

 

    幸レッド  ・・・幸せの戦士    友オレンジ ・・・友情の戦士   

    優グリーン ・・・優しさの戦士   正パープル ・・・正しさの戦士

    絆ブルー  ・・・絆の戦士     信ホワイト ・・・信頼の戦士

    仲イエロー ・・・仲良しの戦士   愛ピンク  ・・・愛の戦士

きずな戦隊「人権ジャー」

取材を終えて写真撮影

きずな戦隊「人権ジャー」

なごやかにみんなで交流

11月13日付神戸新聞朝刊東播版より

11月13日付神戸新聞朝刊東播版より

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当:志方西小学校
郵便:675-0335
住所:兵庫県加古川市志方町原587
電話番号:079-452-0109

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード