現在の位置

介護保険料の減免について

更新日:2015年4月1日

   加古川市では、災害により財産に著しい損害を受けた場合や、失業等により収入が著しく減少した場合、生活困窮などにより保険料の支払が困難な場合に保険料の減免が適用されます。

   下表の「減免事由および対象要件」に該当される方は、納付通知書が届き次第加古川市介護保険課までご相談ください。

減免事由

 対象要件

 減免額

火災や風水害、震災などの災害により財産に著しい損害を受けた場合

  1. 財産の損害割合が10分の3以上10分の5未満のとき
     
  2. 財産の損害割合が2分の1以上のとき

1.の場合
半額

2.の場合
全額

生計を主として支える人の収入が、死亡や長期入院、失業などにより著しく減少した場合

事由発生日以降1年間の所得見込み額が、前年中の所得金額と比べて2分の1以下に減少し、かつその所得で計算した場合に保険料段階が下がるとき 

事由発生日以降1年間の所得見込み額から算定した保険料額と、既に賦課した保険料額との差額

生活に困窮している人で、次のすべての条件に該当する場合(世帯員も含む)

  1. 住居以外に土地建物を所有していない
  2. 世帯員の預貯金の額が単身世帯で350万円(世帯員が1人増えるごとに100万円を加算した額)以下である
  3. 市県民税が課税されている親族の扶養控除対象者となっていない
  4. 市県民税が課税されている親族と同居していない

1.保険料が第1段階の生活保護を受給していない人で、世帯員の年間収入額の合計額が60万円以下(世帯員が3人以上の場合は、3人目から1人につき17万5千円を加算)のとき

2.保険料が第2段階または第3段階で、世帯員の年間収入額の合計額が120万円以下(世帯員が3人以上の場合は、3人目から1人につき35万円を加算)のとき

1.の場合、1/2

 

2.の場合、既に賦課した保険料額と第1段階保険料額との差額

外国籍高齢者等福祉給付金を受給している場合

保険料が第2段階または第3段階のとき

既に賦課した保険料額と第1段階保険料額との差額

刑務所などに入所している場合

 

入所日の属する月から退所日の属する月の前月までの期間に相当する額

【申請に必要なもの 】 印鑑、収入のわかるもの(年金振込通知書など)及び退職日のわかる証明書など

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:介護保険課(新館2階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9220
ファックス番号:079-424-1322
問合せメールはこちら
  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード