現在の位置

平成29年度 検診について

更新日:2017年7月3日

  疾患の早期発見・早期治療を目的として各種検診を実施しています。胃がん(X線)・肺がん(X線・CT)・大腸がん・乳がん(超音波)・前立腺がん・骨粗しょう症検診、特定健診、後期高齢者健診、歯周病検診の受診は当該年度中1人1回限りです。胃がん(内視鏡)・子宮がん・乳がん(マンモグラフィー)検診は2年に1回です。

1.センター健診

 胃がんリスク検査、胃がん(X線・内視鏡)・肺がん(X線・CT)・大腸がん・子宮がん・乳がん(マンモグラフィー・超音波)・前立腺がん・骨粗しょう症検診・肝炎ウイルス検診、特定健診、後期高齢者健診

 

かこがわウェルピーポイント制度対象事業です。

かこがわウェルピーポイント制度について

 

受診場所

加古川総合保健センター

≪加古川総合保健センター移転のお知らせ≫

平成27年1月よりJR加古川駅北側すぐの新施設「ウェルネージかこがわ」に移転しています。

 住所:加古川市加古川町篠原町 103-3

子宮がん検診は協力医療機関で実施する個別検診もあります(下記参照)。

公民館等で実施する巡回健診をご利用いただくことも可能です(下記参照)。

 検診項目・対象者・自己負担額・内容 (年齢は平成30年3月31日現在です)

(1)胃がんリスク検査(ABC分類)

 平成28年度より対象年齢が18歳以上に拡大しています。血液検査によりピロリ菌感染の有無・胃の萎縮度(ペプシノゲン検査)を調べ、胃がんになりやすいかどうかのリスク(危険度)を分類する検査です。胃がんを見つける検診ではありません。ピロリ菌感染によって、胃粘膜の萎縮が進むと、胃がんが発生しやすくなります。

  • 対象者:過去に胃がんリスク検査を受けたことのない18歳以上
  • 自己負担額:1,500円
  • 内容:血液検査

(2)胃がん検診

〈胃部X線〉

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:1,000円(65歳は無料)
  • 内容:バリウムを飲み胃部X線撮影

 〈胃内視鏡〉 注意:平成29年度の受付は申し込み者多数のため終了しました。胃部X線や胃がんリスク検査の受診をお勧めします。

  • 対象者:50歳以上
  • 自己負担額:4,000円
  • 内容:胃内視鏡検査(経口のみ)

(3)肺がん(結核)検診

〈胸部X線〉

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:500円(65歳は無料)
  • 内容:胸部X線撮影

 〈胸部CT〉

  • 対象者:50歳以上
  • 自己負担額:5,000円
  • 内容:胸部CT撮影

注意1:喀痰検査は問診により必要とされた場合のみ、受診できます(自己負担額800円が追加されます)。

注意2:肺がん検診に併せてアスベスト健診をしています。アスベストに不安のある方は予約時にお申し出ください。

注意3:センター健診で実施する低線量肺がんCT検査は、通常の診察で行われるCT検査の約10分の1程度の被ばく線量で検査を行います。(被ばく線量は受診される方の体格にもよりますが約0.5~2mSvとなります)但し、毎年受診したい方は被ばくによるリスクを了承の上受診してください。

(4)大腸がん検診

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:500円(65歳は無料)
  • 内容:便潜血検査

(5)子宮がん検診

  • 対象者:20歳以上の女性
  • 自己負担額:1,000円(65歳は無料)
  • 内容:子宮の細胞をこすりとる細胞診

注意:子宮体部がん検診は医師が必要と認めた場合のみ、協力医療機関での受診となります(自己負担額500円 が追加されます)。

子宮がん検診は協力医療機関で実施する個別検診もあります(下記参照)。

(6)乳がん検診

〈マンモグラフィー〉

  • 対象者:40歳以上の女性
  • 自己負担額:1,000円
  • 内容:マンモグラフィー撮影(X線)

 〈超音波(乳腺エコー)〉

  • 対象者:30~39歳の女性
  • 自己負担額:3,000円
  • 内容:超音波検査

(7)前立腺がん検診

  • 対象者:50歳以上の男性
  • 自己負担額:1,500円
  • 内容:血液検査

(8)骨粗しょう症検診

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:500円
  • 内容:足のかかとに超音波をあて、骨強度測定

(9)肝炎ウイルス検診(B・C型)

  • 対象者:過去に肝炎ウイルス検診を受けたことのない40歳以上
  • 自己負担額:1,000円(65歳は無料)
  • 内容:血液検査

 検診時間

午前

  • 受付時間: 8時30分から11時00分
  • 定員:100名

午後

  • 受付時間: 13時15分から15時30分
  • 定員:100名

注意:子宮がん検診は午後のみです。


特定健康診査、後期高齢者健診の対象者は、がん検診等と同日の受診が可能です。

 日程

平成29年度センター健診日程(PDF:60.8KB)

持参物

申し込み後、加古川総合保健センターより郵送されてくる問診票等。

申込方法

5月10日(水曜日)以降に必ず電話でお申し込みください。

  • 申し込み先
    加古川総合保健センター 電話番号:079-429-2923
  • 受付時間
    8時30分から17時00分                   
    注意:土・日曜日、祝日、お盆(8月13から15日)、年末年始(12月29日から1月4日)を除く 。

2.巡回健診

 胃がんリスク検査、胃がん(X線)・肺がん(X線)・大腸がん・前立腺がん・骨粗しょう症・肝炎ウイルス検診、特定健診、後期高齢者健診

 検診バスにて、下記の会場で実施します。

 

かこがわウェルピーポイント制度対象事業です。

かこがわウェルピーポイント制度について

 

 検診項目・対象者・自己負担額・内容(年齢は平成30年3月31日現在です)

(1)胃がんリスク検査(ABC分類)

  • 対象者:過去に胃がんリスク検査を受けたことのない18歳以上
  • 自己負担額:1,500円
  • 内容:血液検査

(2)胃がん検診 〈胃部X線〉

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:1,000円(65歳は無料)
  • 内容:バリウムを飲み胃部X線撮影

(3)肺がん(結核)検診 〈胸部X線〉

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:500円(65歳は無料)
  • 内容:胸部X線撮影

注意1:喀痰検査は問診により必要とされた場合のみ、受診できます。

注意2:肺がん検診に併せてアスベスト健診をしています。アスベストに不安のある方は予約時にお申し出ください。

(4)大腸がん検診

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:500円(65歳は無料)
  • 内容:便潜血検査

(5)前立腺がん検診

  • 対象者:50歳以上の男性
  • 自己負担額:1,500円
  • 内容:血液検査

(6)骨粗しょう症検診

  • 対象者:40歳以上
  • 自己負担額:500円
  • 内容:足のかかとに超音波をあて、骨強度測定

(7)肝炎ウイルス検診(B・C型)

  • 対象者:過去に肝炎ウイルス検診を受けたことのない40歳以上
  • 自己負担額:1,000円(65歳は無料)
  • 内容:血液検査

 受付時間

午前9時30分から11時30分 (ニッケパークタウンは午前10時から11時30分)

  • 検診当日の受付時間は、申し込み時にお知らせします。

 申し込み開始日・会場・日程

平成29年度巡回健診日程(PDF:38.9KB)

持参物

申し込み後、加古川総合保健センターより郵送されてくる問診票等。

 申し込み方法

申し込み開始日以降に必ず電話でお申し込みください。

  • 申し込み先
    加古川総合保健センター
    電話番号:079-429-2923
  • 受付時間
    8時30分から17時00分                   
    注意:土・日曜日、祝日、お盆(8月13日から15日)、年末年始(12月29日から1月4日)を除く。

3.子宮がん個別検診

子宮がん検診は加古川総合保健センターのほか、協力医療機関でも実施します。

 

かこがわウェルピーポイント制度対象事業です。

かこがわウェルピーポイント制度について

 

 受診場所

平成29年度子宮がん個別検診協力医療機関(PDF:42.6KB)

対象者・自己負担額・内容

  • 対象者:20歳以上の女性
  • 自己負担額:1,500円(65歳は無料)
  • 内容:子宮の細胞をこすりとる細胞診

注意1:子宮体部がん検診は医師が必要と認めた場合のみ受診できます(自己負担額500円が追加されます)。

注意2:2年に1回の受診です。平成28年度に受診した人は、平成29年度は受診できません。

 検診期間

平成29年4月1日から平成30年2月28日

 受診方法

  1. 加古川総合保健センターへ電話で申し込んでください。
  2. 加古川総合保健センターより受診券が郵送されます。
  3. 協力医療機関へ予約後、受診券を持って受診してください。
  • 申し込み先
    加古川総合保健センター
    電話番号:079-429-2923
  • 受付時間
    8時30分から17時00分                   
    注意:土・日曜日、祝日、お盆(8月13日から15日)、年末年始(12月29日から1月4日)を除く。

4.注意事項 (センター健診・巡回健診・子宮がん個別検診)

必ずお読みください。

共通の注意

  • 自覚症状のある方は医療機関を受診してください。
  • がん検診の度に精密検査が必要となる方は、直接医療機関での検査・検診をお勧めします。
  • 胃がん(X線・内視鏡)・肺がん(X線・CT)・乳がん(マンモグラフィー・超音波)検診は、妊娠中・妊娠の可能性のある方は受診できません。
  • 健診後の精密検査及び治療は保険診療となります。
  • 治療・経過観察中の病気がある方は、健診受診について主治医にご相談ください。

胃がんリスク検査を受けられる方へ

  • 同一年度内には、「胃がんリスク検査」、「胃部X線検査」、「胃内視鏡検査」のうちいずれか1つしか受診できません。
  • 食道、胃、十二指腸の病気で治療中の方、胃の手術を受けた方、腎不全の方、胃酸を抑える薬等を内服している方、ピロリ菌の除菌をした方は、正しい結果が得られない可能性が高いので、検査を希望される方は、主治医に相談してください。

胃がん検診(X線・内視鏡)を受けられる方へ

(共通)

  • 同一年度内には、「胃部X線検査」、「胃内視鏡検査」、「胃がんリスク検査」のうちいずれか1つしか受診できません。
  • 検診会場での問診や血圧測定の結果、検診受診に危険があると思われる方にはお断りすることがあります。不安のある方は、事前に主治医とご相談のうえ、お申し込みください。

(X線)

  • 腸閉塞の既往のある方、バリウム過敏症やバリウムをうまく飲み込めない方は危険なため受診できません。
  • 胃の手術既往のある方へは原則実施しません。

(内視鏡) 注意:平成29年度の受付は申し込み者多数のため終了しました。胃部X線や胃がんリスク検査の受診をお勧めします。

  • 受診人数に限りがあります。
  • 咽頭に重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない方は受診できません。
  • 検査は経口のみで、咽頭麻酔での実施になります。(鎮静剤の使用はありません。)
  • 検査中に医師が組織検査を必要と認め、検査を希望された場合は、追加料金(保険診療)が必要となります。

肺がん(結核)検診(X線・CT)を受けられる方へ

(共通)

  • 同一年度内には、「胸部X線検査」または「胸部CT検査」のどちらか一方しか受診できません。

(CT)

  • ペースメーカーを装着中の方は受診できません。

子宮がん検診を受けられる方へ

  • 子宮を全摘された方は、子宮がん検診の必要はありません。
  • 月経中、月経終了直後は正確な検査ができません。

乳がん検診(マンモグラフィー・超音波)を受けられる方へ

*H29年度より視触診は実施しません。

(共通)

  • 妊娠・授乳中の方、ペースメーカー装着、豊胸手術やV-Pシャント術(水頭症の治療)を受けた方は受診できません。
  • 乳房切除、乳房内にチューブ等挿入された方は主治医にご相談ください。

5.歯周病検診

(1)受診場所

歯周病検診協力医療機関(PDF:62.4KB)

(2)対象者・自己負担額・内容

  • 対象者:平成30年3月31日現在で、40歳、50歳、60歳、70歳
対象者 生年月日
40歳 昭和52年4月1日から昭和53年3月31日
50歳 昭和42年4月1日から昭和43年3月31日
60歳 昭和32年4月1日から昭和33年3月31日
70歳 昭和22年4月1日から昭和23年3月31日

対象者に、平成29年4月に受診券を郵送しています。

  • 自己負担額
    無料
  • 内容
    歯・歯周の検査、歯に関する相談、歯のクリーニング(6歯のみ)

 検診期間

平成29年4月1日から平成30年2月28日

 受診方法

協力歯科医療機関に予約の上、受診してください。

注意1:加古川市歯周病検診受診券、健康保険証を持参してください。

注意2:検診後にかかる治療費は、保険診療となります。

6.健診自己負担額の免除について

生活保護法による被保護世帯または市民税非課税世帯の方が対象です。

受診前に健康課か各市民センター、東加古川市民総合サービスプラザで申請してください。転入・世帯員の異動などで、提出書類が必要な場合があります。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:健康課 健康推進係(本館2階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-9215
ファックス番号:079-421-2063
問合せメールはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード