現在の位置

熱中症にご注意ください!

更新日:2017年7月14日

熱中症を予防して元気な夏を!

昨年は全国的に記録的な猛暑となり、加古川市消防本部管内において、平成28年5月1日から平成28年9月30日までの5ヶ月の間で164名の方が熱中症の症状で病院に搬送されました。強い日射しを浴びることなどで、日射病、熱けいれん、熱疲労、熱射病といった症状(総称して熱中症といいます)にかかることが多く、最悪の場合は死亡事故につながることもあります。

今年も暑い夏が予想されていますが、しっかりと熱中症対策をとり、健康に夏を乗り切りましょう!

熱中症にご注意

熱中症とは?

室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の障害をおこす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

熱中症予防のポイント

  1. 部屋の温度をこまめにチェック!
  2. 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
  3. のどが渇く前に水分補給!
  4. のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
  5. 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
  6. 無理をせず、適度に休憩を!
  7. 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

熱中症予防

熱中症の応急手当

  1. 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる。
  2. エアコンをつけ、扇風機・うちわなどで風をあて、体を冷やす。
  3. 飲めるようであれば、水分を少しずつ頻回に取らせる。
  4. 自分で水が飲めなかったり、意識がない、全身のけいれんがある場合は、ためらわずに救急車を呼んでください。

応急処置

関連リンク

救急受診判断アプリ「Q助」のご案内

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

お問い合わせ
担当課:消防本部総務課(消防庁舎5階)
郵便番号:675-8501
住所:加古川市加古川町北在家2000
電話番号:079-427-6528
問合せメールはこちら
  • 加古川市の観光
  • 申請書ダウンロード