家屋と償却資産の区分

1:建物附属設備の家屋と償却資産との区分

   事業の用に供する自己の家屋に施工した建物附属設備のうち、家屋の所有者が所有するもので、家屋に取り付けられ、家屋と構造上一体となって、家屋の効用を高めるものは、家屋として取扱いますが、それ以外については償却資産として取扱います。次にあげる建物附属設備は償却資産となります。原則、構築物として申告してください。
 

  • 構造的に簡単に取り外しができ、別の場所に自在に移動できるもの

(例)ローパーティション(簡易間仕切)等

  • 独立した機械としての性格が強いもの

(例)受変電設備、自家用発電設備、蓄電池設備、中央監視制御装置、電話交換機等

  • 家屋と構造上一体となっていないもの

(例)独立煙突、屋外に設置されている設備(屋外電気配線、屋外照明設備、
屋外給排水配管、屋外ガス供給配管、袖看板等)

  • 特定の生産用又は業務用の設備

(例)機械の動力配線設備、ガソリンスタンド、観葉植物栽培等に使われる給排水設備、百貨店・ホテル・旅館・飲食店・病院等の洗濯設備、冷凍・冷蔵設備等

≪償却資産となる建物附属設備の一覧≫

電灯照明設備

ネオンサイン、スポットライト、投光器、水銀灯等の屋外照明設備等

受変電設備

変圧器、受変電盤、配電盤、配電盤までの配線等

自家用発電設備

発電機、操作盤、配電盤、配電盤までの配線等

蓄電池設備

蓄電池、配電盤、配電盤までの配線等

動力配線設備

特定の生産用又は業務用の動力配線設備等

中央監視制御装置

監視制御盤、記録計、指示計、遠方操作装置、配線等

電話設備

電話機、電話交換機等

インターホン設備

インターホン器具、マイクロホン、スピーカー、アンプ等

電気時計設備

親時計、充電器、蓄電池等

給排水設備

屋外水道管、屋外配水管、井戸、特定の生産用又は業務用の給排水設備等

給湯設備

局所式給湯設備、独立煙突等

衛生設備

洗濯機、脱水機、乾燥機等

ガス設備

屋外のガス配管、メーター、特定の生産用又は業務用のガス設備等

空調設備

ルームエアコン(ビルトインを除く)等

運搬設備

ホイスト、クレーン、ベルトコンベアー、リフト、立体駐車場の動力設備等

消火設備

手さげ式消火器、車輪付消火器、炭酸ガスボンベ、屋外消火栓、配管等

その他

取り外しが容易な簡易間仕切、陳列棚等

 * 土地に定着していない(基礎のない等)建物は、償却資産の申告が必要です。(家屋の課税対象ではありません。)

2:家屋と設備等の所有者が異なる場合

   賃借人(テナント)等が施工した内装・造作及び建物附属設備については、償却資産として取扱いますので、テナント等の方は、これら施工した内装等を償却資産として申告してください。

(地方税法第343条第9項、加古川市市税条例第51条第7項(平成16年4月施行))